米倉けいこ ひまわり先生のちいさな玉手箱

ひまわり先生 米倉けいこ

「ちいさな玉手箱」

人のための人生をやめて、自分の人生を生きる

2018年06月14日 | こころ
飛行機で、大分空港を下に見て、豊後水道を超え、四国 佐田岬→高知に来ています。
もりもりマーチさん
コメントありがとうございます。

小さい頃、親を喜ばせることで、愛されようとした「感情型」のエネルギーが高い人は、

親が不幸そうにしていたら、親を幸せにすることを考えて行動しました。

だから、自分が幸せになってはいけないと思ってしまう「幸せであるな」

小さな子どもは、お手伝いをしたり、勉強したりして愛されようとします。

親が喜ぶことは、親によっても違います。

そうして来たので、大人になっても、友だち、恋人、家族を喜ばせることを考え、行動しています。

殆ど無意識にやっているので、自分を大切にしたり、自分を優先することをつい、二の次にしてしまいます。

もしかしたら、自分のブラック企業になってしまっていることにすら、気がついていないかもしれません。

自分の身体を大切にしないと「健康であるな」
少々のことは、無理が効くと無理して、身体を労らない。

自分の感情や欲求を大切にしないと「子どもであるな」
子どもらしくふるまってはいけない、我慢する、断らない、イヤと言わない「いい子」
大人になったら、「いい人」

自分のしたいことを我慢するのを続けると「自分の人生を生きるな」

自分の人生を生きるには、自分の身体、感情、欲求を大切にすること。

人のための人生をやめて、自分の人生を生きる


ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 自分の人生を生きるな、他人... | トップ | 長崎駅に金ピカの列車「或る... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ミキティ☆)
2018-06-14 17:13:11
人のための人生をやめて自分の人生を生きる!深いです‼︎私もカウンセリングを通して自分はすごく両親に支配されたり顔色を伺っていい子にしてきたな〜って思います。今やっと少しずつ自分の人生を自分の感情で歩もうとしている所です。すごくこれに気付くまで時間かかりました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

こころ」カテゴリの最新記事