米倉けいこ ひまわり先生のちいさな玉手箱

ひまわり先生 米倉けいこ

「ちいさな玉手箱」

間違った方がいい。なぜなら「学び」になるから

2018年05月16日 | こころ
カウンセリングを受けました。

カウンセラーがカウンセリングを受けることを
時々驚かれます。

お医者さんがお医者さんに行き、

歯医者さんが歯医者さんに行き、

美容師さんが美容師さんの所に行き、

板前さんやクックさんが外食する。

それと、全く同じことです。

逆に、患者や客の立場も知らなければ

良い医者や良い板前にはなれないのではないでしょうか?

私たちは、完璧ではないので。


さて、今日のセラピーですが

「成功を感じるな」と言う禁止令決断についてです。

診断表作られたジョン マクニール先生は、こんなことを教えてくれました。

「間違うことは、学ぶことだ」

今まで、頭でわかっていたつもりですが、心ではわかっていませんでした。

間違ったほうがいい。

なぜなら、たくさんの学びがあるから…そう思えてきました。

間違ってもいいと思ったら、自然に英語を話しています。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 朝日カルチャーセンターの講... | トップ | 勉強会 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (のりこ)
2018-05-18 15:56:42
間違っていい
間違ったほうがいい
なぜなら学びになるから

今まで誰かに、こんなふうに教えてもらったことがあったかな。

人前で話すとき、間違えないように何度も練習をして。
そこには過度な緊張がくっついてきて、私らしさは「間違えないように」の後ろにいつも隠れてる。

そんなときこのブログを読んで、間違ってもいいんだーと思ったらスーッとほどよい力が抜けて、私らしく一番楽しいお話しが出来ました。

「間違ったほうがいい。なぜなら学びになるから」

この言葉を胸にこれからも自分がやりたいこと、やってみたいことを行動にうつしていこうと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

こころ」カテゴリの最新記事