米倉けいこ ひまわり先生のちいさな玉手箱

ひまわり先生 米倉けいこ

「ちいさな玉手箱」

感情と友だちになろう!

2018年07月05日 | こころ

もりもりマーチさん、山ちゃん
コメント、ありがとうございます!

いただいた質問です。

***
もしかして、「人を幸せにする」「人から幸せにしてもらう」事は出来ないんですか!?
***

交流分析では、以下の様に考えます。

・他人と過去は変えられない。

・自分の思考・感情・行動は、自分に責任がある。

さて、今日は感情と友達になろうと言う話を書きます。

日々カウンセリングをしていて、感情処理がとても大事だということがわかります。

感情を溜めていくと「にせものの感情」になってしまいます。

にせものの感情とは、イライラ、憎しみ、恨み、つらみ、絶望感、嫉妬心などなど。

感じても感じても減らないんだったら、それは偽物の感情かもしれません。

皆さんが、仲良くなって友達になってほしい
「感情さん」は、
感じたらスッキリする「解決感情」のことです。

辛いことがあって「悲しいなぁ」と感じ、
それがすっきりするのなら
「悲しみ」という感情が解決感情。

びっくりした、緊張した、ヒヤッと感じた…
あー怖いと思ったらすっきりするのであれば、
「怖い」という感情が解決感情になります。

理不尽なこと、不当な扱いを受けてむかつく、いやだ、腹が立つわと感じてすっきりするのであればいや、「嫌」や「怒り」が解決感情になります。

悲しみ、恐れ、いや、怒りなどは、
暗い感情ネガティブな感情として、とかく嫌われてしまいがちです。

こうした感情持つことをよしとされず、
抑えてしまうことが多いものです。

このようなネガティブな感情を抑えてしまうと、
実は、楽しいと言う感情まで抑えてしまうという
研究もあります。

ネガティブな感情とも、ポジティブな感情とも
友だちに、仲良しになりましょう。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 「私の人生」という冒険の旅... | トップ | 幸せの鍵① 弱音を吐くこと »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これだ~ (もりもりマーチ)
2018-07-09 18:08:43
このようなネガティブな感情を抑えてしまうと、
実は、楽しいと言う感情まで抑えてしまうという
研究もあります。

↑  ↑
これですね。
ネガティブな感情を無意識に抑えて、思考で考える・・・。
から、いつの日からかワクワクや楽しい感情を感じてなかったのだと。

ネガティブな感情でも、意識的に感じて呼吸をしよう・・・。
感じることで、傷つきも減りますね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

こころ」カテゴリの最新記事