米倉けいこ ひまわり先生のちいさな玉手箱

ひまわり先生 米倉けいこ

「ちいさな玉手箱」

命とは、私たちが使える時間の中にある

2018年04月03日 | メッセージ
「命というのは、君達が使える時間の中にあるんだよ」

105歳まで現役で医師をしながら、子どもたちに「命の授業」をされた日野原重明先生の言葉。

「生きていくあなたへ 105歳どうしても遺したかった言葉」日野原重明著 幻冬舎文庫より引用

子どもたちに、命とは、「私たちが使える時間の中にある」と話されていたという。

命が終わるということは、私たちの使える時間が終わるということ。

人生100年時代になり、人生の午後が増えた。

だからこそ、人生の半ばをどう生きるかが、
午後の人生、つまり、後半の人生を左右する。

暴飲暴食

働き過ぎ

私たちは、自分の使える時間を知らない。

けど、もし100歳まで生きるとしたら

日野原重明先生の様に、「長生き出来て幸せ」と言えるだろうか。

私たちが使える時間をどう使うのか。


私は、これまでお世話になった両親を始め、多くの方々に感謝し

自分のギフト(与えられた才能)を生かして、これまでの知見を世の中の役に立てて行こうと思う。

身近な人の笑顔のために何ができるかを考えること。

100歳になった自分に、それが出来ているか尋ねてみたい。
コメント