小さな森のバラ

耕作放棄地からバラ栽培や家庭菜園を通し薔薇彩の暮らしへ

カリフラワーも種まきします

2019年07月12日 07時16分11秒 | 家庭菜園

 

栽培期間の長いキャベツ一族、苗栽培も作りすぎても配ることが出来そうなので時期をずらしながら種まきを始めます。

このところ最高気温30度越え日が少なく過ごしやすいです。今朝も小雨が降っています。

 

数日前ログハウスのペーパーホルダーやタオル掛けを付けにきた、大工兼業農家の知人が貰ってくれるそうです。ログ組み立てで3キロ痩せたようで周りに心配された話でした。

アーーーお疲れ様でした。

お母さんの野菜栽培を引き継いだので野菜は苗栽培が苦手らしい。フフフ。

苗からなら相手が上手。時々周りからの情報の謎を聞いて来ます。種袋情報やブログ情報、専門誌情報から私なりに話しますが気候差や品種の違いによる誤解が広まっているようです。

ネットで色々大手種苗会社の品種説明を知るかどうかは大きな違いが有るらしく、古い品種と最新品種による違いが理解できていない事で誤解が大きい。

情報の出どころと確かさも家庭菜園では大事。

基本は種袋情報です。

 

ホームセンターさんの邪魔をする気が無いので販売されにくい品種を選びます。

何処の家庭も週に一個も有れば事足りるのに、家庭菜園で栽培した美味しさを知ってしまうと栽培したくなる。

先月蒔いたレタスも植え付けられそうですが、場所が空かないので薄い液肥を与えて育苗中です。

レタス前年残り種100%発芽凄いです。

一粒遅れて発芽。

日陰の位置が変わり苗棚を移動しました。

キャベツと一緒にカリフラワーも種まきしました。

 

 

新潟市の近隣畑のトウモロコシが10センチ程度に育っています。

だから花粉が周りに影響せず寒くなるまでに収穫出来るかもーーー、なので7月11日種まきしました。

収穫までたどり着けるかしら。

 

苗を購入したら時短も出来ます。

種まき好きは種まきから始めます。

結果も大事です。

 

園芸の楽しみの一つ発芽したよーーーーー。

小学生のアサガオの種まきから始まった園芸人生、趣味は大きな喜びも与えてくれます。

 

本日も最後までお付き合い頂き有難うございます。

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« ルバーブのジャム | トップ | ミニトマトの収穫 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

家庭菜園」カテゴリの最新記事