小さな森のバラ

耕作放棄地からバラ栽培や家庭菜園を通し薔薇彩の暮らしへ

新しい朝

2012年05月27日 19時24分50秒 | ガーデンダイアリー

今日も良い天気です。花も開き始め、毎日朝起きるのが楽しみ!写真ではまだまだですが今が一番楽しい時期かもしれません。

↑いつもと反対側から

↑大通側から撮影。左半分は午後から日が当たりません。なので根が張った苗を中心に置いています。

↑ツルジュリア

↑パットオースチン日差しが強いと花弁の縁がチリチリになるので明るい日陰に置きました。午前中は日が当たり西日は当たりません。

↑クィーンアンが開き始めました

 

 

今日の作業は・・・植え替えです。鉢が割れてしまってこの時期に?という感じですが、今日は最高気温22度。日陰で作業すればギリギリ何とかなりそう。テントの下で作業しました。

 

横にねせそっと抜きました。

今年の2月に届いた苗で15Lポットに植え付けた苗ではまだ土がバラバラと外れてしまいます。

↑半分は土が残った状態に・・・。

↑根が切れないように鉢に入れしっかり土を入れた後、たっぷり水やりを。肥料は気温が高い事と、根が切れているので与えませんでした。花後に追肥する予定です。下葉が黄色くなるかどうかが心配ですが1週間くらいで結果が現れます。植物は正直です。

※初心者の方は根が十分張った苗以外は、休眠期中に植え替えされる事をお勧めいたします。根が張った小さな鉢植えを鉢増しするのであれば花後がお勧めです。鉢からそっと抜いて崩さないようにし丁寧に植え付けして下さい。

折角だからとテラコッタに植え付けました。この鉢イギリス製です。おそらくですがバラとハンドブック第5版の表紙の鉢と同じ製造元一昨年入荷した鉢ですが、何だか嬉しいです

昨年、スタンダードローズを植えていたのですが、花壇に植えて2鉢残っていたので1年過ごした苗(左側レディースブラッシュ)も鉢増ししてみました。

 

ハンドブック第5版届きましたので、3月以降ご注文いただいたお客様でご希望されていたお客様、順次メール便にて発送させていただきます。(DA社のHPからもカタログ請求できるかと思います。)1番花を堪能した後は来年の為の準備。小さな森ではまだ咲き始めたばかりですが、バラとガーデニングショウへ行き新しい品種を見てしまったので、早くも頭の片隅では来年の花壇はどんなふうにしようかと考えています。

コメント   この記事についてブログを書く
« ワンランク上の液肥の与え方 | トップ | 輝く曇り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ガーデンダイアリー」カテゴリの最新記事