小さな森の薔薇

耕作放棄地からバラ栽培や家庭菜園を通し薔薇彩の暮らしへ

漬け菜の煮物

2020年01月09日 06時47分28秒 | 菜園料理

 

昨日は雨降りで配送とご予約の方、ゆかり遂に一人で車を運転して畑に行きました。いつまでも付き合い切れるはずも無いので雪が無いなら行かず、お昼の用意をしたほうが忙しそうなので役に立ちそうでした。

 昭和生まれは今では想像もつかない不便な時代も経験してますが、野菜も流通が良くなりスーパーには新鮮なものが並んでいます。

我家の畑はこんな感じの収穫とネギです。

 

叔母が食べたいだろうと何時ものプロ用スーパーで見かけた時に我が家分も買いました。畑で育てて見ようと種まきしましたが初期生育期に虫、虫、虫被害参ったーーー位虫。白雪体菜です。

早々に挫折。

諦め虫除けネットから捨ててもらおうと脇に置いたままのが何故か育ってます。

これを20パーセント程度の塩っ辛い漬物にして食べる時に塩出しして煮ます。買ったのは長岡市産でした。

家庭の味で具材は各家庭ごとに違うかも知れません。

姉の義母さんが良く作ってくれたのが好みです。祖母のは何かサトイモが入り頂き物の酒粕がたっぷり入り苦手でした。子供の頃は超苦手。

湯沢のホテルで朝食のメニューに並んでいたのは菜がメインで他は飾り程度、多分食べたこと無い方は他の具材だけ盛り付けたのかも知れません。地味な料理で、娘の世代は多分食卓に並べたいと思わないでしょうね。

 今年も記憶を頼りに作って見ます。

塩漬けの菜

打ち豆、ニンジン、ジャガイモ、ダイコン、チクワを切り少量の油で炒め煮干しの出汁をひたひた程度入れゆっくり煮ます。我が家はサーモスの真空保温調理鍋で沸騰5分後は外容器にセットしてお終い。ゴボウや酒かす入りも食べた事有ります。多分畑でその時期貯蔵出来た野菜だと思います。

春のトウ菜が食べれる次期までの総菜でしょう。

冷蔵庫の残り物で入れられるようなもの全部入れました。これでかなり片付きました。

 野菜の切り方も各家庭でルールが有るのっぺと同じです。

 

雪に覆われた山々を見ながら、保存出来る野菜の漬物。

寒ーい台所を思い出します。

 

本日も最後までお付き合い頂き有難うございます。 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« イングリッシュローズ深植え... | トップ | 花の種まき準備開始 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

菜園料理」カテゴリの最新記事