小さな森の薔薇

耕作放棄地からバラ栽培や家庭菜園を通し薔薇彩の暮らしへ

サツマイモの試し掘り

2019年10月07日 07時03分01秒 | 家庭菜園

随分気温が下がり日陰に居ると寒く感じるようになりました。

 

6月初旬に種イモから穂を切り取り植え付けした安納芋4株とシルクスイート1株です。一般的に言う船底植え、師匠から焼き芋サイズを多く収穫したいならと教えてもらった、「畝を作り土を崩し濡れている畝の高さの半分程度の位置に葉を切り取った3節程度を水平に植え付け。」ました。

何時も濡れていてもダメ、乾きすぎていると底の方に水を探しに根が伸び巨大芋になる。らしい。

説明通り昨年は一株に巨大芋1個と少しの芋でした。

今年はどうかしら。産直さんでも新物売られてました。5月初旬植え付け物かしら。

新芽の伸びが悪く成長が止まってきました。

 

 ご近所のホームセンターさんは5月初旬から苗を販売してますが10本でも多過ぎなので芋から芽を出させて苗から作っています。芽出しサツマイモも販売されてます。

夏野菜の苗を買った翌日が低温日でした、前年はこの一日でほぼ全滅。今年はハウスに入れていたので痛まなかった、新潟市内は田に水が張られる頃に低温と強風日が有り何時もハラハラします。

今年はハウスの整備で鉢植えからスタートでも戸を工事屋さんが開けっ放し上手く芽が出ずにいたので半月遅れのスタートでした。

シルクスイートは更に遅れ7月初旬植え付けです。これは真っ直ぐ3節埋めて見ました。

どうなるやら、掘って見るのが楽しみです。

試し掘りは鉢の深さの中間地点に植え、穂を育て増し土しただけの鉢植えをひっくり返してみました。

これは親芋食べれません、こーーーなるのね。捨ててきたけど切って見れば良かった。真ん中あたりが古い芋。

植木鉢乾いていたので水を探してたんでしょうが太り切れず、溝にぴったりはまってました。

蒸してみました。

どちらも数回通路が通れ無くなるたびにツル返ししてます。収穫目標は娘が幼稚園時代の秋遠足の芋堀より一株で収穫、出来た事はまだないです。輪切り天ぷらサイズと焼き芋手頃サイズが目標。趣味の家庭菜園です。秋は台風の影響を受けやすいので土の中の物は心配ないです。

目安は10日頃畑のもお天気の回復を見計らって掘り上げます。

 

今回の台風でも痛感しましたが秋バラ公開無理は無理、老人は心配事を増やさない事が一番です。主催者側からすると秋の外イベントは大変でした。

 

農家の知人に、こんな少量多品種メンドクサいーーーー。だそうです。

美味しく食べて配る程度で十分です。

 

本日も最後までお付き合い頂き有難うございます。

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 10月10日前後の前 | トップ | ショウガの収穫 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

家庭菜園」カテゴリの最新記事