小さな森のバラ

耕作放棄地からバラ栽培や家庭菜園を通し薔薇彩の暮らしへ

野菜畑の様子

2018年09月17日 06時44分39秒 | 家庭菜園

 

夜の雨は上がり曇り空、マルチ張りが出来そうです。

何を種蒔きしようかしら。昨日畝の形だけ作って置きました。

 

たっぷりナスは食べました。冷凍庫に丸ごと煮込み用に沢山入ってます。ナスは最高気温25度以下の気温では花が咲いても収穫サイズに育つには時間が掛かります。まだ花が咲いている両端の元気な2株を味噌汁用に数個実ればと残しました。そろそろ次の野菜の為に処分して畝を休ませます。

茄子漬用のナスでは無いのですが、茄子漬の素も最後なので小さめは丸ごと大きいのは切り漬けて見ました。食卓の夏が終わりました。

追記 

 

 

隣のレタスに午後からも日が当たるようになります。レタスは数株消滅、食べられたのかしら。サツマイモの葉に何やらいつもいます。

 昨年遅い作業のグリンピースやソラマメの種まきは鳥に食べられたと思ったらネズミだったらしいです。何処に植えるか思案中、今年はネットかシートを掛けます。二年連続で負けはしませんよーー。

キャベツ系は秋栽培は暑さで苗づくりを失敗、なのでこの冬は無し、買います。第二弾で本葉二枚を育苗中、何時の収穫になるのかしら。ニンジンと一緒に種まきしたズッキーニ花芽が見えてますがこれも収穫までたどり着くかしら。

ハウスの中でゴーヤ今頃日陰になるほど茂ってもねーーーー。お陰でキュウリは日陰。キュウリに負けたくなかったのかしら。

 

ハクサイは第二弾種トレー蒔きました。第一弾は虫被害で葉はボロボロ穴だらけ、ダイコンやニンジンも発芽した所で食べられ茎が残っています。本当の犯人は何でしょう。

少し肥料を蒔きました。雨で適当に穴に流れ込むと思います。3粒蒔きなので間引きはもう少し後で良さそうです。それにしても発芽率凄いです。手前の芽が出て無いように見えるのは食べられたようです。夫と喧嘩にならぬよう茎は食べ残しているところが憎い。

 

短い畝を2本整地し残り時間はバラの支柱を立て草取り出来ない場所を綺麗にしました。畑の北側の田の稲刈りが終わり柵脇のイネ科の草に除草剤を散布できるようになりました。エノコログサはもう少しで種が実りそうで気になってました。暑い夏に生えていなかったのにいつの間にか育って草丈低いのに花穂は出てます。恐るべし。

 農地の管理はお互い様ですからこちらも来年迷惑を掛けないようにきちんと除草します。

 

 帰り道に見えるサトイモは我が家のような不作物と水やりなのか地下水位の高い適地なのか差が大きいです。兼業農家の知人も不作らしいので家庭菜園2年目素人ですから天候には勝てません。

 

本日も最後までお付き合いいただき有難ございます。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 芙蓉の花が咲きました | トップ | 葉トウガラシの佃煮風 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

家庭菜園」カテゴリの最新記事