小さな森のバラ

耕作放棄地からバラ栽培や家庭菜園を通し薔薇彩の暮らしへ

サツマイモ食べて見ました

2018年09月03日 06時25分50秒 | 菜園料理

 

穂を取るための芋に新しい芋が2本育っていました。親芋は処分しましたが3倍ほどに肥大してました。そーなんだ。へーーー。

野菜の世界は知らないことだらけ。

 

普通に畑の収穫は10月末なので二か月も早いです。捨てるのは惜しい、ならばレンチンでしょうか。

イモやカボチャが特別好きでもないけれど葉物だけでは使い切れない畑。

草取り軽減程度で栽培してますが初物は別。

甘み少な目。

当然まだ早すぎです。

確認して見ないと気が済まない食いしん坊です。

 

本日も最後までお付き合いいただき有難ございます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 夏剪定終盤 | トップ | レタスの種まき »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (千葉のひと)
2018-09-03 15:04:06
猫のトングかわいい!
つるデボニエンシスがめちゃくちゃいい匂いがしています。これは佐倉バラ園でいいとおもったのですが、うちでも機嫌よくしてくれて感謝です。
ERでかおりがよいとお思いで日照がそれほどいらないもので鉢におさまるのでおすすめはございますでしょうか(レディエマハミルトンはどうもダメみたい。オブスキュアはすでにいただきました)。
Unknown (店長)
2018-09-04 06:50:25
トラ物も有ります。地元の金属加工会社の商品です。氷用ポットに入っていたら飲みすぎ注意になるかしら。
バラはまず色をお決め頂いた後ならアドバイスは出来ます。
色々調べながら候補を上げるのが楽しいですよーーー。
畑のもスクリーン仕立てなのかブッシュにするとか色を選んでから決めてます。
それが楽しい作業の始まりですよね。
迷って下さい。

Unknown (千葉の人)
2018-09-04 08:32:45
こんなセンスのいいのだったらきっと全国的にでも売れるだろうになあと思いました。
ばらは色は白系が好みでERはクレアオースチン、デズデモーナ、ローズマリー、ピーチブロッサムがいて、あとはERににたのはボレロ(易しいといわれていますが意外と難航)やクリスティアーナがあります。セントセシリアがほしいけど大きくなりそうです。ウインダミアとかの大きく巻くのは失敗しました。ERににていないのはマダムAキャリエール、ニュードーン、MHスティーブンス、ニフェトス、サリーホームズ、ステンレススティールなどなど。うちで一番元気なのはレイヌビクトリア3本です(うどんこにもあまりならない)。

コメントを投稿

菜園料理」カテゴリの最新記事