小さな森の薔薇

耕作放棄地からバラ栽培や家庭菜園を通し薔薇彩の暮らしへ

10月10日前後の前

2019年10月06日 16時53分34秒 | ガーデンダイアリー

風の強い日が続いています。10月10日前後に楽しめるように夏剪定を行っていますが、結果は???

↑ジェームズLオースチン 開花前にお届け。このタイミングでご注文下さったお客様ありがとうございます!!あくまでも苗木の販売ですがやっぱり蕾付きの状態でお届けできるのはうれしいです。

全部の品種がこんな感じに育っていればよいのですが。気温が足りないと花芽分化しにくい品種、剪定しすぎると蕾が付かない品種、花芽が着くまでに葉がある程度でないと着きにくい品種、LEDに反応してしまう品種。台風や残暑でも蕾は左右されるので毎年新しい挑戦です。

↑クレアオースチン

秋バラは枝が細くても水が足りていれば比較的蕾が付きやすい品種。今年はコンパクトに葉が茂って良い感じに仕上がっています。

↑オリビア・ローズ・オースチン

↑ザ・ジェネラス・ガーデナー

↑スカイラーク

しべが見える品種はなんだかバラゾウムシ多め…。殺虫剤を撒くべきかどうか迷います。

↑ダーシーバッセル

どの色も秋バラは素敵ですが秋バラの赤バラはやっぱり目を惹きます。

↑トッタリングバイジェントリー

半分の枝はローズヒップを付けたままにしていました。それでも1番花、1花後に伸びたシュートの花、2番花がぽつぽつ、そして秋の花と咲くようです。丁寧に花殻摘みすればもっと咲きそうです。

コメント   この記事についてブログを書く
« ラッカセイまだかな | トップ | サツマイモの試し掘り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ガーデンダイアリー」カテゴリの最新記事