小さな森のバラ

耕作放棄地からバラ園への道、イングリッシュローズ栽培のコツや土作りに家庭菜園を楽しむ日々を記録してます。

糸カボチャの収穫

2018年08月01日 09時40分28秒 | 家庭菜園

 

茎ブロッコリーのネットの中で春先の低温日を越え、収穫が終わった畝で広々とツルを伸ばしています。ネットの中で日当たりが悪い時は葉が変形して収穫までたどり着けないかと思っていましたが、草取りも大変なのでマルチもそのまま、キァベツの畝肩のは既に野生状態ですが実ってました。

 

お盆に人が集まるときに簡単に酢の物になったりする優れもの、茹でればほぐれて糸状になります。シッカリ完熟していれば茹ですぎてもシャキシャキした食感が残ります。色合いが黄金なので茶色になりがちな和食を綺麗に見せてくれます。

長期貯蔵も可能です。ピント合わせが失敗。

ごま油を入れた酢の物にすることが多いです。

大きな初物収穫出来ました。ツルの葉陰に沢山実が付いてます。

 本日も最後までお付き合いいただき有難ございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 冷凍キァベツ | トップ | 畑のバラ全部水やり »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (千葉の人)
2018-08-01 12:04:53
おひさしぶりです。やっぱり面白い!講習会とかいけるとすごく勉強になるんだろうなあとおもいます。北陸は近来にない高温と日照りのようで、先々週いった白山も2600メートルでも寒くない!
Unknown (店長)
2018-08-01 12:17:38
暑いですね。
実践は知識を越え、教科書通り何て行きません。
地域の気候に合わせるポイントがやはり存在します。楽しいから続いてます。寒い年は暑い、暑い年は寒い冬が来るのかしら。
乾ききっている畑、稲穂が出始め田に水が張られています。
少し木陰に入ると涼しく感じます。

もうすぐ暦の上では秋です。ご自愛ください。

コメントを投稿

家庭菜園」カテゴリの最新記事