小さな森のバラ

新潟の園芸店の日常、ついに耕作放棄地を卒業しイングリッシュローズのサンプルガーデンと装飾的野菜畑を作って行きます。

南の畑2018.6.10

2018年06月12日 05時55分51秒 | 家庭菜園

雨が降りました、新潟県も梅雨入りしたようです。 

家庭菜園は楽しいのが一番です。

今週は気温が平年並み作業しやすそうです。

 雑草と山野草の区別はどこらへんかしら。十薬です。

 

 

何栽培しようかと考えている畝3と4

マメ科とナス科連作出来ないので少し考えます。

土もなれていないし葉物も高温になり食べたい物も無いとなると何かしら、

苗台に残った苗も確認します。

秋に収穫する白系のトウモロコシは周りに迷惑かけない畑の真ん中、直播してみようかしら。

3月に部屋蒔きしたのは発芽後ハウスに移動後寒さで惨敗。

もう販売されているトウモロコシを見て夫は「茎の処分や根の掘り取りに手間が。」そうです掛かります。

台風なら全部倒れる南側が開口部、栽培はギャンブルです。

昨日3番の畝は雨の天気予報に植穴だけ開けてきました。

カラカラに乾いています。

 

4番の畝は種まきキュウリと第二弾のイタリアトマトとトウガラシで植え付け終わりました。

 

1メータづつパッチワークのように色々育てても良いし、黒豆はトウモロコシの畝が余った続きに蒔けばよさそうな程度の数です。カラスもヤマバトも狙ってます。

昨日キジがバラの根元を歩いてました。何食べるのかしら。

派手な雄、地味な雌仲良いカップルでした。

 いつも市街地からハウスで見えないこの田に色々な野鳥が飛んできます。

あぜ道に家族連れかしら。

 

 

本日も最後までお付き合いいただき有難ございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 畑の野菜で | トップ | 畑のバラたち一番花後施肥し... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

家庭菜園」カテゴリの最新記事