小さな森のバラ

耕作放棄地からバラ園への道、イングリッシュローズ栽培のコツや土作りに家庭菜園を楽しむ日々を記録してます。

増し土したバラたちのその後

2018年08月25日 06時23分54秒 | ER栽培ワンポイントアドバイス

北側の畑の手前に有るので通る都度チェックしてます。

 根元に土を増し土した所のその後です。柵脇のバラが日焼けした頃からナスの水やりの都度水も与えてきました。

23日撮影

短かったシュートも伸び先端に花芽も見えます。

24日撮影

台風の影響で2日超高温、24日雨が降りましたが畑の点検に4時ごろ畑に行き野菜の収穫を済ませ気温は高いのですが根元に水やりして来ました。午後日陰になる場所なので回復してます。

葉も入れ替わり春先のようです。

蕾が出て来ているので回復したようで、結局丁寧な水やり次第のバラたちもう少しで暑さも終わり頑張ろうね。育っているので水が必要です。

秋の花が咲いて来ました。

水やりより気温も下がり全体に濡れる雨、優しい雨よ待っています。

本日も最後までお付き合いいただき有難ございます。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« バラは秋を感じてます | トップ | ミニハクサイ追加蒔き »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (hoshi)
2018-08-25 10:17:07
ハダニの被害も落ち着いたので、先週あたりから剪定始めまして、昨日全ての剪定完了です。剪定前にハダニ対策もあり液肥をやりました。樹形を整えるようにと思って剪定に挑むのですが、こんな浅くて良いのだろうかと疑心暗鬼となり、どうしても少し深く剪定してしまうようです。葉っぱも昨年と比べものにならないくらい多く残ってくれました。今年は梅雨も短期間だったということも幸いしたかもしれません。ご指導もあり昨年より、肥料と水やりは手抜きしなかったと思います。
薬剤は今日までに5回、撒く瞬間が分からないので、ほぼ1回/月程度に留めようと思っています。これ以上やると仕事より辛くなってしまうので。
この暑さで枯れずに頑張ってくれました。秋の咲く瞬間が楽しみです。
Unknown (ゆかり(小さな森))
2018-08-25 18:14:38
Hoshi様コメントをありがとうございます!!剪定お疲れさまでした。例年より暑いにもかかわらず葉がたくさん残っていたとのこと、秋バラが楽しみですね‼剪定の深さは場所や環境によって微調節が必要です。コンパクトに育てたい場合は冬剪定で切りたい高さの3~5芽上で剪定。日陰の場所は花殻摘み程度にとどめておいたほうが花が咲いてくれるみたいです。剪定時期も日陰は早めに、日当たりの良い場所を最後に剪定しています。

農薬は浸透移行性があってもこの時期は効き目が早く切れるような気がします。芽が動き始めたら一度殺菌剤を。あとは出てからでよいと思います。古い葉や8月に出た葉はどうしても9月末以降病気が出やすいので小さな森ではこれから葉をむしる作業です。

秋の気候がどうなるのかはわかりませんが、本当に秋バラ楽しみですね。芽が出始めると水の吸い上げが良くなり乾きやすくなりますので、秋バラまで水やり頑張ってください!!


Unknown (chigusa)
2018-08-26 16:39:34
講習会 もう少し近かったら飛んで行きたいです。
ブログのアドバイスを、いつもじっくり読んで参考にさせて頂いています。当地では、先日大雪山に初雪が降り、今日は最高気温20度です。バラは10月に入ると咲けなくなるので、8月初めに夏剪定を、済ませました。来年パスシーバを購入したいと思っていますが、店長さま&ご主人様のばら園での秋バラの様子を楽しみにしています。
アスパラは魚焼きグリルに、アルミホイルを敷いて中火で焼くとジューシーでとても美味しいですよ。
Unknown (店長)
2018-08-26 17:17:48
何時も有難うございます。
好きだからせっせと片付けて居たらゴールが見えだしました。次はどこに植え付けようかと何時もバラの花たちを眺めています。
雨が降ったのでアスパラ今度太いのが出たら早速試してみます。
長い在庫になっている大きなバラたちをこの秋に植え付けたいと思っています。

おへそのような新潟やはり日本は広い、植え付けたら又報告しますね。

コメントを投稿

ER栽培ワンポイントアドバイス」カテゴリの最新記事