小さな森のバラ

耕作放棄地からバラ栽培や家庭菜園を通し薔薇彩の暮らしへ

秋バラ2018

2018年11月06日 09時53分50秒 | ガーデンダイアリー

気温が下がり街路樹のケヤキの葉は2,3割を残して落葉しました。バラも休眠期に入り下葉から黄色くなったり黒星病になったり。気温が下がってからの黒星病は休眠期に入るための準備だと思うので殺菌剤は撒きません。

沢山のご注文有難うございました。秋バラも蕾が着いていた鉢から発送していたので、残りは秋から日陰になる場所に置いていた少し花着きが悪かった株ばかりです。11月になったので新潟ではそろそろ秋バラも終盤。雪が降る直前までゆっくりぽつぽつ咲く花を眺めたり、切って室内で楽しみます。

■予約苗(2018-2019シーズン)の割引について

裸苗は複数本割引しています。3本以上のご予約で1本当たり200円の割引になります。

鉢植えは12月末までにご予約、ご注文いただいたいただくと1鉢300円の割引になります。

■2017-2018シーズンの在庫の苗500円割引中です。数に限りがございますが、大きく育てたい方地植えを予定している方は是非!裸苗もお得ですが、春の花数を想像すると1年育てた苗もお得です。

ボスコベル

春も美しいですが秋のバラも深い色合いです。

ヴァネッサベル

1番花、2番花、夏はぽつぽつ咲いて秋の花着きも良い品種でした。

ハーロウカー

年間を通して繰り返し房咲きしてくれる品種。

ジュード ジ オブスキュア

日当たりの良い場所で台風に負けないと、秋の花着きも良いのですが、箱に入るようがっつり夏剪定するからか午前中日陰の場所に置いているためか...。この数年秋バラの花数少なめです。

ジェームズLオースチン

他の品種と比べてお盆明けからの芽出しが早く夏剪定中にすでに小さな蕾が見えていました。タイミングがつかめず秋バラ開花中にすでに小さな黒星病が…。他の品種よりも暑い時期でも水を吸っていたか、早く葉が茂ったことで雨の日に水が届かなかったか。次の花までの期間が短い割には夏も綺麗な花型を保ってくれました。箱に入れる為に3月に植え付けすることもあり1年目の今年は多い株でも1番花14,15輪。秋は20輪以上咲いてくれていました。2年目の株が来春どう咲いてくれるかが楽しみな品種。

 

スカイラーク

 

ザ ラーク アセンディング

ブラザー カドフィール

セプタード アイル

ジェントル ハーマイオニー

イモージェン

デイム ジュディ デンチ

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 黄色とオレンジ色のバラの続き | トップ | 15年以上の古い鉢植えを畑に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ガーデンダイアリー」カテゴリの最新記事