小さな森のバラ

耕作放棄地からバラ栽培や家庭菜園を通し薔薇彩の暮らしへ

虫取り助っ人育てます

2019年07月07日 11時24分08秒 | 菜園料理

畑の野菜の水撒き用の鉢カバーに何やら

アマガエルの子供たちです。

あーどうしましょ。

もう少し大きな水槽に移そうかしら。このままでは育ちそうも無いです。

爆発的にバラや野菜に被害を与える虫が増えないのはこの子たちの親カエルのお陰だと思います。

畑の主な困った虫はカタツムリとナメクジです。それもレタス全部雨で腐った事で一網打尽出来、ジャガイモのマルチをはがす時ほぼ見掛けないほど減りました。やったーーーー。

 

畑の野菜はほぼ無農薬栽培出来ています。

耕耘する時に蛾のサナギらしいのが見つかります。

見逃さずに捕殺します。

前作の野菜が好きだった虫が残る場合が多いので同じ作物を作らないようにしています。

今頃から植え付けて間に合うか鉢植えのサツマイモ苗第二弾です。茎の下葉を整理して今回は真っ直ぐ植え付けます。

第一弾は6月中旬に植え付けていますが全て活着してます。

知人に安納芋の鉢植えは植え付ける所が無いのでプレゼント、これは一度苗を採取したシルクスイートの残りを育てた苗です。

ジャガイモが前年より2週間遅れの4月初旬に植え付け7月初旬の3か月あれば収穫出来たので、植え付けて見ます。

秋ジャガイモも9月初旬から10月下旬には収穫出来てます。サツマイモとジャガイモの違いはあれどド素人なので平気な顔で焼き芋サイズ少量の収穫を目指します。アハハ!観葉植物栽培になるかもーーーー。

今時期の葉物も難しい、畑を草ボウボウにしない工夫です。

 

 

本日も最後までお付き合い頂き有難うございます。

コメント   この記事についてブログを書く
« 三角ハウスのログ完成間近 | トップ | ネギの種まき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

菜園料理」カテゴリの最新記事