小さな森のバラ

耕作放棄地からバラ栽培や家庭菜園を通し薔薇彩の暮らしへ

イングランズ・ローズ

2016年02月26日 14時04分28秒 | イングリッシュローズ

四季咲き性、年々強いものが出てきていますが、その中でもよく咲く「イングランズ・ローズ」

1番花が咲き始めると同時に次の花の準備が始まっているような気がします。花弁数もそれほど多くないので、常に房咲き30~40日で1回切れ間なく咲いてくれます。猛暑の年はさすがに夏場休みました。置き場所にもよるかもしれません。

 

2011.5.22

つや消しタイプの葉と沢山着く凛とした蕾が魅力的。花もはっきりした濃いピンクで素敵です。

2015.5.15

2011.5.26

2011.6.3

2011.10.17

2011.6.19

2013.6.11

コンパクトな品種です。ステムも短く鉢でも形良く育てやすいと思います。鉢植えばかりでまだ大きく育ったところを見たことがないのですが…。今年は見れるでしょうか。昨秋花壇に植え付けました。狭い間隔で植えすぎたかも・・・カタログを見ると1.5×1.25m。

香りの強さ ★★★★☆  オールドローズ香

地植えの目安サイズ:1.5m×1.25m  

鉢植えでの栽培も簡単です。鉢での栽培は鉢の サイズに合わせ剪定してください。

四季咲き性

花弁数 42枚

2010年 Davit Austin作出

※バラのハンドブック、イングリッシュローズのすべて、イングリッシュローズ、新イングリッシュローズなどを参考に新潟での開花、生育状況をお伝えできればと思います。

※2015年秋に小さな森でもようやく花壇に植えることができました。地植えの様子も今後UP予定です。

※地域や管理方法によって株のサイズや四季咲き性に差がございます。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« ジ・オルブライトン・ランブラー | トップ | イングリッシュローズ苗の裸... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

イングリッシュローズ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事