小さな森のバラ

耕作放棄地からバラ栽培や家庭菜園を通し薔薇彩の暮らしへ

プリンセス・アン

2016年03月20日 18時27分06秒 | イングリッシュローズ

照り葉でコンパクトな「プリンセス・アン」

ベーサルシュートは長くも伸びるようですが、葉と葉の間が短く、コンパクトに葉がみっしり茂ります。花色も濃いピンクで目を惹きだんだんと退色していくので沢山咲かせると濃淡が出て面白いです。年3,4回咲きます。

夏剪定し8月下旬以降丁寧に水やりしていると、秋も花数多いです。

2015.5.27

2014.5.23

2015.5.28

2014.5.29

2015.5.30

2015.6.13

2015.6.4

2015.6.7

2012.7.22

夏の花は少し小さめに咲くことが多いです

2011.6.8

2015.10.14

9月に花壇に植えたのでまだ花が小さく花弁数も少なめ。今年は秋の花ももっと大きく咲かせたいです。

 

2012.6.2

2013.9.27

棘は小さいサイズ~中くらいが多めです。

2012.5.30

まっすぐ伸びます。コンパクトなので小さな鉢でも育てることができそうですが、入荷する苗は結構根が太くて大きいことが多いような?接ぎ口が埋まるように鉢に入れるのが大変なことも。根は短く切らずに広げて植えるのがベストですが、接ぎ口を出して植え付けるよりは根を切った方が3年後元気に育っている確率が高いです。

小さな鉢で販売されているときは、根を切って植え付けてある時と根を曲げて植えてある時があります。花後に鉢増しした時には冬剪定の時に一度土をほぐし根を広げ植え直すのがお勧めです。

香りの強さ ★★★☆☆ ティーローズの香り 

地植えの目安サイズ:1.25m×1m  

鉢植えでの栽培も簡単です。鉢での栽培は鉢のサイズに合わせ剪定してください。

四季咲き性

花弁数85枚

2010年 Davit Austin作出

※バラのハンドブック、イングリッシュローズのすべて、イングリッシュローズ、新イングリッシュローズなどを参考に新潟での開花、生育状況をお伝えできればと思います。

※2015年秋に小さな森でもようやく花壇に植えることができました。地植えの様子も今後UP予定です。

※地域や管理方法によって株のサイズや四季咲き性に差がございます。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 富山県産ホタルイカ | トップ | 庭の片づけ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

イングリッシュローズ」カテゴリの最新記事