小さな森のバラ

耕作放棄地からバラ栽培や家庭菜園を通し薔薇彩の暮らしへ

ルバーブの苗

2019年09月16日 06時56分15秒 | 家庭菜園

最低気温25度以下になり配送再開の様ですが、私たちは補助程度定年後好きな園芸をして楽しみます。

 

2週間ほど前に蒔いたルバーブ2018年採取の種発芽してました。ジャム用に茎を差し上げた方が苗が欲しいらしく、種が有ったはずと探したら種箱に有りました。

 

9月3日撮影 レタス類と一緒の8月28日種まき

自家採取種は本当に発芽するか半信半疑だったので適当に蒔いて有るので植え替えしました。超古種から発芽した株を育てた奇跡の株から採取。

9月14日撮影 本葉が出てます。

新潟市夏蒸し暑いので上手く育たないままでしたが早く日陰になる場所に植え付けたら、適地だったらしく育っています。

大株の越冬物は春花が咲くので種取りしないなら早めに切り取ります。花が咲いてもネギの様に根元から新しい芽が出ました。

ハーブの本が全盛だった頃肥培は枯れる原因の様に掛かれていた記憶が有りますが、育てて見ると土中温度が上がりすぎない事の方が大事なようです。やはり栽培して見ないと分からないことが沢山です。茎が赤い物を残したいけどそう上手くは行きません。苗の移植時に赤い物だけ残すように間引いていますが、緑茎の方が丈夫な気がします。

 砂糖はお好みですが、茎の重さの30パーセント程度のグラニュー糖を1センチ程度にざく切りした茎に掛けレンチンでもジャム風に作れます。葉は食べません。

 

本日も最後までお付き合い頂き有難うございます。 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 十全ナスの浅漬け | トップ | エダマメの収穫 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

家庭菜園」カテゴリの最新記事