小さな森のバラ

耕作放棄地からバラ栽培や家庭菜園を通し薔薇彩の暮らしへ

ログハウス風トイレ完成

2019年07月18日 04時55分10秒 | 耕作放棄地

 

 暑い時期に40度越えになる三角ハウスのトイレを作り変えました。

木製キットを買い大工さんに組み立てを依頼、電気工事は別の業者さんです。春の解体と水道工事の時に配管は直しておきました。洗面台は先に適当に設置していたのに綺麗に収まってます。

作業段取りも無駄なく順調でしたがとにかく熱い。

暑いを通り越したサウナ状態でしたが、完成後は断熱材効果でそれ程でも無いです。

電気工事の方もこんなに細い梁に真ん中に着けたいらしくプロは手抜き出来ないらしい。 

 

照明はレトロな感じのをゆかりが手配、運転免許が取れたら小窓にステンドグラスをハメ込みたいらしい。好きにして。

予定よりワンスパン小さく完成ですが残りパーツはもう少し涼しくなったら大型ハウスに展示スペースとして組み立てます。

茶室も作った大工さんですから、玩具みたいな組み立ては面白かったようです。一人で新築も手掛けるので簡単すぎでもこだわりが有るらしい、電気工事屋さんが感心してました。

一般的にはーーー懇意にしている業者さんが無いと施工してもらえないけど洗面台やトイレパーツもネットで取り寄せできる時代、職人さんの腕や知恵が生かされます。長い間色々お世話になりました。おさまりの悪い修繕で無理言って来たのに未だにお付き合い頂いてます。

芳香剤より天然の杉の香りです。クロスを張るより良かったです。

 

一箇所づつのんびり楽しみながら整備を進めています。

建設業の業者さんは忙しい年なので私たちが急がなければ無駄なストレスを作り出すことが無いです。次はテーブルを運び込み棚の移動かしら、此処は引っ越し屋さんの力を借りよう。

 

 

新しくするものと使い続ける物、凄くコダワリが有るわけでも無いですが大切に使い続けたい物を手に入れたいと考えています。ハウスや店を今回解体処分後整備しているので捨てるのが大変高価になって来ているので考え直す時代になってます。鐙のお店も造り解体私たち夫婦で始まりも終わりも見届けました。

地域の景色が変わりました。

変化は活性化と考えています。店が無いお客様が言うほど悲しむことでも寂しがることでも有りません、未来を想像したり新しい庭造りが楽しいです。暑い時期一日畑仕事はできないけれど野菜の収穫をしたり種まきしたり畑通いに慣れ、私は午後まで好きに使える時間が有りそれも幸せ。ブログを書きながら人生振り返りと未来創造の記録してます。

 

実店舗を無くし娘の為に自由に時間が使えるようにしたので優先順位一番で通い始めた運転免許の取得、ゆかりは車を動かすらしい、本人よりも隣に乗る自動車学校の先生がヒビリそうーーーー。あーーーー怖い。

 

本日も最後までお付き合い頂き有難うございます。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« ポップコーン発芽しました | トップ | 初茗荷です »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

耕作放棄地」カテゴリの最新記事