小さな森のバラ

耕作放棄地からバラ栽培や家庭菜園を通し薔薇彩の暮らしへ

キャベツ・アーリーボール収獲

2019年10月12日 06時30分20秒 | 家庭菜園

 

雨上がりですが薄暗い夜明けこれから風が吹くのかしら。週末農道を走っていた方々もマラソンは中止、多くの秋イベントは中止になりました。被害が有りませんように祈るばかりです。

 

雨が降らずに高温日ばかりの9月でした。

 2度の台風によるフェーン現象はドライヤーで温風を掛け続けたような状態でした。

10月5日撮影 7月初旬種まき

台風後の様子です。此処までケヤキとメタセコイアの葉が飛んできてます。

サカタのタネ キャベツ・アーリーボール収獲育ったのは小さい食べ切りサイズです。品種本来のサイズより多分小さい。乾燥とサツマイモのツルに覆われていました。不作の言い訳です。

キャベツ・藍天 サカタのタネ 8月初旬種まき

最近キノコとモヤシとニンジン以外の野菜あんまり買って無いです。

キャベツ1個買うとなかなか食べ切れ無い。スタッフと大勢で賄いランチ時代食事当番さんお助けのもう一品は太目千切りのコールスローサラダ、普段何も家事など経験無くてもトンカツの千切りキャベツは無理でも5ミリ幅は余裕で切れます。

10月10日 収穫 採りたてはやはり美味しい。

 

鮮度が良かったらもっと美味しかったかも知れません。

皆が好きだったのは大鍋で煮たロールキャベツでした。もう大きな2個を使い切るほど煮る事も無いのであの味は再現できません。それでもイベント時の大きな寸胴も捨てずに有ります。

出番は有るかしら。

 

 

自営業なので自分で決めた定年、60歳から始めた家庭菜園4年目に突入します。元気な内に始めないと実践不足で収穫までたどり着けない。草花の種蒔き歴は小学生から、新しい資材も農家さん向けの卸屋さんとの付き合いで情報収集出来ますが道具を最低限にし普通の家庭菜園家さんと同じ資材で栽培してます。

 

道路の拡幅で店舗の駐車場が無くなり街灯が設置されバラ栽培をしながら小売りは無理と移転しました。引っ越し時にこんなに無駄物有ったのかと反省してます。「反省だけなら。」と言われないようにしてます。

近隣農家さんハウスの中のイチゴの植え付けが終わり夕暮れの畑で見かける先輩方は皆母の世代、健康ならまだまだ楽しめます。

 

本日も最後までお付き合い頂き有難うございます。

コメント   この記事についてブログを書く
« 台風前の10月10日 | トップ | オクラお疲れ様 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

家庭菜園」カテゴリの最新記事