小さな森のバラ

耕作放棄地からバラ園への道、イングリッシュローズ栽培のコツや土作りに家庭菜園を楽しむ日々を記録してます。

秋に向けて花苗の栽培

2018年06月12日 18時42分05秒 | マイガーデン(店長のつぶやき)

新潟市内は中間地なのですが、

8月下旬は高温日が多く種まきには少し気温が高すぎて発芽しにくい植物が多いです。

なのにいきなり寒くなるので秋まきは急がないと間に合いません。

 

二年草のカンパニュラやジキタリスもこぼれだねシーズンが種まき適期です。

コスモス、葉鶏頭、カワラナデシコ発芽してきました。9センチポットに植え替えします。

コスモス

ハケイトウ

カワラナデシコ

バラ苗購入のお客様に畑に植え付けの外はプレゼントしてますが、バラに似合うと喜んで頂いて一人喜んで種まきしてます。

好きだからイングリッシュローズが大好きな皆様を幸せに出来たら私も幸せです。

 

畑も同時期撒いたカボチャ・ブラックのジョーとツル紫インゲン発芽しました。

 

前期種まき終了です。

2月窓辺で蒔き始め6月中旬になってます。

発芽する時のわくわく感は今も楽しめます。

本日も最後までお付き合いいただき有難ございます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 畑のバラたち一番花後施肥し... | トップ | チコリ、カリフラワーその他収穫 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

マイガーデン(店長のつぶやき)」カテゴリの最新記事