小さな森のバラ

耕作放棄地からバラ栽培や家庭菜園を通し薔薇彩の暮らしへ

花マメに花芽です

2019年06月14日 06時05分05秒 | 家庭菜園

 

旅のお土産の花マメ完熟していそうな重い物だけ蒔いてみました。

発芽後グリンピースの支柱脇に植え付けツルが伸びています。

畑全体乾燥しているのでアブラムシが大発生でもミツバチの為に農薬散布を我慢してました。

近隣のイチゴハウス栽培終了、

これから農薬散布出来ます。

 

御用の方は前日までにご連絡ください。作業内容によってはご来園をお断りしなければならない場合が有ります。

グリンピースやスナップエンドウは既に収穫が終わり撤収済み。

足元はカボチャ一族がのびのびしています。

何てややこしい、友人は言いますが植え付け時はどれも苗で育ち方に時間差が有るので育った後で見るのとは大違い、簡単で楽一本の畝で数種類の野菜栽培は畝作りが一回で済みます。

不起耕栽培すらあるのですから半年で一回は丁寧なのでは。

 

雨は降らないけれどアナベルの季節が来ました。

バラを数年後に植え付ける土育てが目的なので、家庭菜園はざっくりです。

ゴボウの古株に花が咲きます。

まだまだ楽しめるシュンギクの花畑、もう少しで収穫のラツキョ30坪程度の南の畑です。

同じ豆と言えば初めてモロッコインゲンにアブラムシが、マルチを剥ぐと乾燥しているのが分かります。畝間に水を流しながら改善できないか脇と上から水やりしています。花マメも種が実るまで育つかしら。土中10センチ程度の深さから乾燥しています。ジキタリスが早く倒れ込んだところは秋に植え付けているのに土中が乾燥し根が張れてい無いのだと思います。

イングリッシュローズは土の上に鉢を置いて、午後4時には大きな木の陰になり鉢の中の温度が上がらないので元気です。葉が日焼けした様子も無いです。

 

 

雪が少なく雨も少なかった半年、一年が早いです。引っ越しと工事に何時もの家庭菜園と何処にも出かけず家と畑の往復でした。娘と秋の旅の計画を始めています。一年の四分の一は水やり仕事で離れられませんが時々雨も降るので休めています。

ゆかりが畑に通うために運転免許取得の為にこれから、毎日畑に通えないので必ず連絡の上お越しください。旧店舗の向かいが自動車免許の教習場なのにまとまった時間が無く今に至っています。ご理解ください。 

 

 

本日も最後までお付き合いいただき有難ございます。

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 新発田市産アスパラ | トップ | ラッキョウ試し掘り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

家庭菜園」カテゴリの最新記事