小さな森の薔薇

耕作放棄地からバラ栽培や家庭菜園を通し薔薇彩の暮らしへ

カリフラワー次々収穫

2020年01月08日 07時31分57秒 | 菜園料理

 

12月収穫予定のカリフラワーが遅れて収穫出来るようになりました。

未だに栽培が手慣れていないのですが、一度に収穫出来ず良かったです。葉から顔をのぞかせる頃には20センチ程度に育ってます。一回で食べ切れ無い。

茹でてマヨネーズも飽きて、脇役野菜からメイン料理にしてみます。緑色の品種で「遠州みどり」

畝の半分は未だ何時収穫できるか分かりませんが3月のジャガイモ畝に使うまで収穫が終われば良いです。

こんな状態から2週間程度で

これくらいの葉先は柔らかく癖も無い、ケールより食べやすい。

残り物のステーキ肉とキャベツでポトフ風、半分残しやすいキャベツもくし切りで使い切ります。コツは残り物を入れすぎない。煮込めば箸で崩せるので小房に分けずばっさりカツトすると時短。簡単です。

畑作業が少なくなり歩く時間も距離も少なくなり、家に帰っても超狭い。

美味しい物が食べたい食いしん坊なのに、体重増加は春膝に来るはず。不要物も暮らしもサイズダウンで来たのに自分はサイズアップ。

これはまずいーーー。

テーブル自体引っ越しで小さくし、使うお皿をワンサイズ小さくしました。一度に炊くご飯も気持ち少なめにしてもらってご飯茶碗も小さくしました。娘に涙ぐましいと呆れられていますが4月以降の健康診断におびえなくても良いように3カ月前からスタートします。

雪が無くて良かったーー。

ランチ外食や揚げ物に偏りやすい市販弁当なので家の夕食は野菜が主役に戻します。

冬暇太りやすいの私だけかしらーー。

 

本日も最後までお付き合い頂き有難うございます。

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 梅のカイガラムシに農薬散布 | トップ | イングリッシュローズ深植え... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

菜園料理」カテゴリの最新記事