小さな森の薔薇

耕作放棄地からバラ栽培や家庭菜園を通し薔薇彩の暮らしへ

夏剪定後 葉が茂って来ました

2019年09月06日 08時13分03秒 | ER栽培ワンポイントアドバイス

 

夏を越えた地植えのバラたちも剪定後葉が茂って来ています。

鉢物は少し後なのでもう少しです。

暑さや劣化で葉が落ちても水やりは夕方一回だけですが、数年経ち育っている柵脇にも3日に一度程度7月8月だけ丁寧に与えています。

昨年植え付けたモーバンヒルも根がしっかりして来たので新芽が伸び始めています。

一年間植え付けたままの状態で良くもならず、枯れ込むわけでも有りませんでした。此処で待ち切れずに植え返したり手を掛けすぎ枯らす方が多い。

水やりを丁寧にして待つしかない。

 

野菜栽培をして根の育ち方を繰り返し見て「ソーーーだったのね。」が分かった事が多く今迄掘り返してみるわけも行かなかったグレーゾーンの枯れる理由が分かりました。

細根が伸び始めるタイミングで風で揺れると先端が全て切れ水分を木全体に届けられなくなり枯れます。

剪定から3週間ほど経ち新しい葉だけなので綺麗です。

夏剪定は冬剪定より経験が無いと心配で切れない、思い切ってバッサリと思っても枯れたらどうしようと心配になります。

剪定よりそれ以前の肥培管理が悪かったりが調子の悪い原因、やはり水やり植え付けと基本が大事。

日々の水やりたっぷり与えてますか。

鉢植えいつも同じ方向から与えてませんか、満遍なく水届いてますか。

 

秋になり夏疲れが出て来るのは、水不足で根痛みが原因のことが多いです。

移動も極力避ける為に、9月下旬まで販売もお休みしてる理由です。今年は栽培環境も変わったので検証中です。

最高気温25度以下になるタイミングで秋バラを咲かせたい。

 

 

本日も最後までお付き合い頂き有難うございます。

 

コメント

こんなに収穫

2019年09月06日 06時45分51秒 | 家庭菜園

 

通路を占領しそうな勢いのバターナッツ一畝片付けます。

他数株もこのところの雨でツルが伸びて又雌花が咲き始めて、撤収出来無くなりそうです。晩秋のソラマメ予定やバラ植え付け予定地以外は決断時です。

7月下旬に一度収穫してその時まだ若かったものとその後実った物です。

籠2つ分は種一つから実ったようです。

一畝で一株、シュンギク跡地に耕耘しないまま畝端に植え付けた手間ナシ栽培。

写真ではわかりにくいですがツル首が緑から茶色くなりつつありヘタが本体とクッキリ分かれてます。小さなハサミでは切れない程固いです。切り口から水分が染み出すようだと少し若いのかも知れません。

病気予防の葉ネギも育っていました。根が有るのは此の一穴分だけのようでも隣のバラに水まきしていたので太い根が走ってました。

まだ未熟の物も甘いので収穫後直ぐに食べてしまえば良いと思えば片付けられます。

苦土石灰と肥料を撒き耕耘して休ませます。

90センチ幅の畝にして雨を待ちます。

アスパラ菜や早め収穫のハクサイ一族を植え付け予定、雨が降ったらマルチを掛け植え付けします。

泥はねしない方が良い葉物野菜はやはりひと手間でもマルチングします。家に帰ってから食卓に上るまでが大変だと食べずに終わることが多いです。

 

バターナッツも小さい品種だったので配って喜ばれました。甘いので茹でてつぶしただけでも孫は喜んで食べてました。

 

 

本日も最後までお付き合い頂き有難うございます。

コメント