小さな森のバラ

耕作放棄地からバラ栽培や家庭菜園を通し薔薇彩の暮らしへ

遅いですがサツマイモ苗植えます

2019年06月16日 05時54分55秒 | 家庭菜園

 

根詰まりしていたミニトマトおみつと辛ナンバンを植え付け用耕耘したのに、土中の虫が気になりオルトランDX顆粒を撒きました。なのでサツマイモに変更、例年の様に5本程度なので芋を植え苗を作りました。

今頃でも毎年何とか芋ほりは楽しんでます。多くを望まなければそれなりです。

ジャガイモは3月下旬に植え付け6月下旬に収穫

サトイモは5月中旬に植え付け10月末に収穫

サツマイモは5月下旬に植え付け10月末に収穫少し植え付けが遅れていますが雨が降らず畑はカラカラに乾いています。急いでも駄目だったかもしれません。

ハウスで芽出しした安納芋です。

美味しかったお芋の食べ残しです。

ホームセンターで芋を植え付け苗が育った物を見かけるようになりました。

同じです。

 

苗が伸びるための空きスペースはもうすぐ終わるグリンピースの春蒔き分です。

 

叔母にプレゼントしたら記憶の中の美味しい物らしく炊き込みご飯にする話でした。来年もどこか場所を見つけて栽培するから元気でいてください。もう一人の伯母が亡くなってから少し気力が落ちているように感じてました。

ハサミ袋につい、種まき用の種と収穫物。

子供の頃から机の引き出しに入れていた。カビが生えて母に何時も叱られていたっけ、今かの地でまだそんなことしていると笑っているかも知れません。

何でも簡単に捨てられるのに種は別。

 

楽しい記憶に繋がる美味しい物、家庭菜園ならではの自由度。あーーーー幸せ。

強風で支柱立ても断念、帰り際少し掘りラッキョは飲兵衛そうな方に幸せを配れて良かった。葉が元気なうちが生食向き、辛味も少ないです。

 

本日も最後までお付き合いいただき有難ございます。

 

 

 

コメント