小さな森のバラ

耕作放棄地からバラ栽培や家庭菜園を通し薔薇彩の暮らしへ

ウグイスかしら

2019年04月13日 07時58分28秒 | マイガーデン(店長のつぶやき)

早朝に隣のお庭でウグイスらしい鳴き声、お隣は植木屋さんを100歳越えで今年春亡くなったお婆さんが商いをしていた名残でまだ庭木が沢山有ります。

畑の一重のヤマブキ

スイセン、レンギョウ、ヤマブキ春は黄色の花

我家は既に植木屋からイングリッシュローズ販売に変化しています。夫の両親が植木屋の頃自宅にも春は根巻された庭木が並びました。

懐かしく思うほど時間が経っています。

ヤブツバキ  

庭に椿や梅が多かった古い自宅には毎年沢山ウグイスが飛んできていました。山へ行く途中なのかしら。近隣もすっかり庭が無くなりビル群、店も移転したので縄張りにしていた自動車学校のカラスも戸惑っているはずです。

スモモの花が咲きそうです。

畑で早春見かけたキジも何処が出で巣を作っているから見かけません。畑も工事中でバラの栽培脇の木に巣は無くメタセコイアの先端に何か見えます。

時折アラレが降ったり寒い数日が終わり週末は家庭菜園日和か草取り日和にしたいです。植え付けがまだ済んでいない花苗をまず急ぎます。

 

前日ジャガイモ用に畝を作ってもらっているので植え付け肩にはレタスを植える予定。

ネギも苗が沢山余っているし急ぎますよーーー。

 

ハウスはやっと戸の見積もりが出てきました。施工するまでと部財だけでは随分違いますが専門業者に任せます。ぼんやりと完成の目途が付いて来ました。

何処もプロの施工業者不足らしいです。

桃栗三年人は今から育てても20年は掛かりそう。

 

材料手配が終わっても実際現場で完成させてくれる人が居ない。

プロの仕事は凄いです。

 

本日も最後までお付き合いいただき有難ございます。

 

コメント