小さな森のバラ

耕作放棄地からバラ栽培や家庭菜園を通し薔薇彩の暮らしへ

日陰と日向

2015年06月07日 10時23分40秒 | ガーデンダイアリー

朝の水やりが始まるころお隣さんのお家の影がどんどん短くなり花に光があたり始めます。日陰で咲いているバラも美しいですし、朝日を浴びたバラもすてきです。

最初から日陰で育てているとそうでもないのですが、日当たりから日陰に移動し花を楽しむとどうしても花の色が薄くなりがち…。切り花で楽しむ時も段々薄くなっていくのが少し残念です。

小さな森では夕方に梱包し出荷、本州の岩手~兵庫辺りまでは翌日午前中に届きますが、少し本来の色より薄い色で届いているかもしれません。

↑ジオルブライトンランブラー

↑モーティマーサックラー

↑イングリッシュヘリテージ

 

↑ウィリアムモーリス

↑イングランズローズ 2番花の蕾です!

↑ザレディガーデナー

↑メアリーマグダリン

↑ザプリンス

↑レディオブシャーロット

↑プリンセスアン

コメント