gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

地域文化教育学会論叢の目次とコピー依頼について

2012-10-26 17:36:10 | 日記
発行部数に限りがありますので、会員の皆様にのみ配布しております。
現在のところ、国会図書館および青森公立大学の図書館に所蔵されておりますので、そちらにコピー依頼を出していただくようお願いいたします。

                              事務局

地域文化教育学会論叢 No.1

             目次

創刊の辞・・・・・・・・・・・・・・・・・地域文化教育学会会長
                          香取薫・・・・3

研究論文
条件不利地域における地域情報配信ー青森県下北郡佐井村の事例から
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・青森公立大学
                          香取薫・・・・7

The Petroleum Industry Entrepreneurs, Network and the Railway in Nagaoka
・・・・・・・・Nagaoka University of Technology
                    Nobumichi Watahiki・・・15

Tourism Past, Present Implications for Aomori
・・・・・・・・・・・・・Aomori Public College
                    Dennis U. Okamoto・・・・22

The Correlation of Summarizing Strategy and Reading Proficiency,
And Its Application in Language Learning
・・・・・・・・・・・・・・・・Aomori Public College
                       Mari Katori ・・・・・31

報告

航空貨物輸送における中国での利用空港選択の重要性
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・青森公立大学
                        長岡正次・・・・・・40

観光情報発信のための観光英語講座の役割と今後の課題
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・日本大学大学院博士前期課程
                         中西廣・・・・・・・47
寄稿
津軽地方の伝承芸能について
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・外崎糺・・・・・・・52

地域文化教育学会設立記念研究大会の記録
大会プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・57
基調講演要旨・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・59
地域文化教育学会会則・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・61

地域文化教育学会第2回全国大会

2012-10-07 10:36:11 | 日記
地域文化教育学会 第2回全国大会プログラム

主催 地域文化教育学会
期日 2012年10月20日(土)
時間 13:00~17:10
会場 青森公立大学 大学院棟 1212教室


受付開始 12:30~(青森公立大学 大学院棟2階 1212教室前)

Ⅰ 開会 (12:55)
  開会の辞 地域文化教育学会会長 香 取 薫

Ⅱ 基調講演 (13:00-13:30)
  地域におけるICT利活用 青森公立大学学長 香 取 薫

Ⅲ 研究発表 (13:30-15:00 / 発表各20分,質疑応答各10分)
 1. ドイツにおける想起集合構成の特徴
  青森公立大学 菊池 史光
 2. A More Competitive and Efficient Japanese Farm Operation
  -Recommendations
  Aomori Public College Dennis Okamoto
 3. 組織学習としての地域活性化
          青森公立大学 藤 井 一 弘
          青森公立大学 香 取 真 理
          青森公立大学 香 取 薫

Ⅳ 事例報告 (15:00-15:30 / 発表20分,質疑応答10分)
 1. Research on Toyota’s Advanced Creativity Management Process and Methodology
Japan Creative Enterprise Cristian Vlad
Nagaoka University of Technology Nobumichi Watahiki



Ⅴ 研究発表:学生会員の部

(15:40-16:20/発表各15分,質疑応答各5分)

1. 中間支援機関による観光まちづくりプラットフォーム構築に関する一考察 -奥津軽地域での実践を事例として
青森公立大学大学院博士後期課程 工 藤 順

2. CEFR導入による日本の語学試験制度に対する貢献と今後の課題
日本大学大学院博士前期課程 中 西 廣


Ⅵ 閉会
閉会の言葉

休 憩 (15:30-15:40)


懇親会 18:00~

於:三好家
青森市堤町1-5-11