またたび日記!

【香川】まるでアトラクションのような『瀬戸大橋タワー』(坂出市)

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。
【香川県まとめ】


瀬戸大橋タワー



テーマパークのアトラクションのような動きを見せる展望タワー。目の前には瀬戸大橋と瀬戸内海の島々が次々と通り抜けていきます。

【営業時間】
9:00~17:00(入館16:30)
【定休日】
年中無休
【料金】
¥800

前回:
【香川】恐ろしくも華美な人形の館『四谷シモン人形館』(坂出市)


2018/3/11(日)

日本をまわりながら、実は少しずつタワーめぐりもしています。今回訪れる瀬戸大橋タワーは、かなり特殊なタワー。他に類を見ない仕掛けがあるのです。


■坂出駅から瀬戸大橋記念公園へ



瀬戸大橋タワーは瀬戸大橋記念公園の中にあります。

最寄り駅は坂出駅ですが、なかなか距離があるので路線バスを利用して向かうことにしました。
バスの本数は1日に6本以下とかなり少ないので計画必須かと思います。

今回は四谷シモン人形館に行ったあと、ちょうど14:25のバスに乗れました。

バスに揺られること20分弱、瀬戸大橋記念公園に到着です。

家族連れでにぎわう公園を横目に、奥にあるタワーを目指します。




■何もない展望台




こちらが瀬戸大橋タワー


麓の売店で800円の入場券を買い、入場です。



通常タワーの展望室には、観光情報があったり、小さな神社があったり、恋人のスポットがあったりと様々な展示があります。

こちらが瀬戸大橋タワーの展望室。

椅子だけがただ円形に並んでおり、何もありません。

これだけ見ると、ふつうの展望台ですが、瀬戸大橋タワーには他のタワーにはない仕掛けがあるのです。




■動く、動くぞ!



こちらの展望台、回転します!

そして、回転しながら少しずつ上に上がっていきます!その動きは、まるで遊園地のアトラクション!

文で説明しても解りづらいと思いますので、降りてから撮った写真を。

1


2


3


非常にゆっくりなので絶叫要素はゼロです。
ただし、上昇開始するとガタガタとなるので別の意味でちょっと怖い。



■広がる展望



周囲には高いビルもないため、タワー最上部からの景色は爽快そのもの。

地上108mから見る瀬戸大橋。青い海と青い空に挟まれていて境界を示すかのようです。

瀬戸大橋記念公園も一望できます。

上から見てはじめて気づいたのですが、様々なモニュメントがあるのですね。

頂上部でしばらく回転した展望室は、徐々に下降をはじめます。
所要時間は約10分ほどでした。

可動式のタワーって初めてだったのですが、とても楽しかったです!新潟県の弥彦山パノラマタワーも同じ仕組みだった気がするので、そのうち行ってみよう。




お次は、同じく瀬戸大橋記念公園にある瀬戸大橋記念館へ。

次回:
【香川】展望台とシアターとミニチュア瀬戸大橋『瀬戸大橋記念館』(坂出市)

【香川県まとめ】
名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「香川県」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事