武蔵村山市のトリミングサロンLa Patrieのブログ

ペットのスパ ペットのトリミング 武蔵村山市・所沢市・東大和市 マイクロホイップバス

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

コロナウィルス感染拡大防止の為の当店での取り組みについて

2020年04月08日 | 日記

こんにちは。武蔵村山市のDog Salon La Patrieです。

 

前回の記事に続きまして、今回はコロナウィルス感染拡大についての内容になります。

ご利用いただいたワンちゃんのお写真のアップが遅れておりますが、緊急性を鑑みて先にお伝えさせて頂きます。

楽しみにしてくださっている飼い主様、掲載が遅れてしまい申し訳ございません。

 

先ほど政府による緊急事態宣言が発表されました。

現在、当店の事業内容や規模が、政府や東京都による営業自粛要請の対象となるか発表を待っているところです。

日本の法律上、要請はできても海外のように命令や指示はできないとのことですが、東京都による自粛要請が都心部だけではなく全域にわたる事、および近隣の店舗さんでもすでに営業時間の短縮や休業をされているところもある事、さらに千葉県では夜だけではなく日中も外出自粛を、と発表されていることから、当店でも営業時間の短縮・休業も含め検討しています。

 

前回の記事でも述べましたが、トリミングやグルーミングはワンちゃんの健康管理の一環として必要だと思うので、できる限り中止は避けたいのですが、飼い主様やワンちゃんを感染・罹患の危機にさらすわけにはいきませんので(もちろん自身も含め、最悪なのは媒介になる事)、常に発表される情報をキャッチしながら判断に努めます。

 

今現在は、武蔵村山市・東大和市・東村山市在住のお客様に関しては大変恐縮ですがご来店頂く予定でおります。ですが日々状況が変わりますので、今後お預かり・お返しのどちらかを送迎に変更、または両方とも送迎に変更の可能性もございます。通常はご新規の送迎は承っていないのですが、ご家族の構成や持病の有無等、それぞれのご家庭においてご心配やご不安なお気持ちは違うと思いますので、こちらからの提案はなくとも、ご希望・ご要望がございましたら、どうぞご遠慮なさらずにお申し付けください(多少時間の調節やお預かり時間を頂戴するかもしれません)。

 

上記以外の地域にお住いのお客様に関しては、状況を見ながら対応が決まり次第ご連絡をさせて頂きます。

送迎への変更だけでなく、キャンセルや延期のご希望もご遠慮なくお申し付けください。

 

 

以上を踏まえまして、ご来店のお客様に感染拡大防止へのご協力、並びに当店での対応をお伝えさせていただきます。

 

 

ご来店のお客様におかれましては、ご入店の際に以下のご協力をお願い申し上げます

 

・マスク不足ですが、できるだけマスクの着用をお願い致します

・お足元のマットで靴の裏の汚れをよく落としてください

・アルコール製剤による手指消毒をお願いします。お持ちしますので、店内の扉の前でお待ちください。

・カウンセリング時は、できるだけ距離を取って、お話をお伺い致します。

・大変恐縮ですが、一度にご入店される人数は一家族お一人様でお願い致します。多頭飼いの為複数人数でご来店の場合は、ご面倒をおかけしますが、一頭ずつのご入店をお願いします(ご通行の皆様もいらっしゃますので、外でのお預かりは危険と判断)

・体調のすぐれないお客様は、事前にお申し出ください。

 

 

 

飼い主様やワンちゃんの感染防止の為、当店では以下の内容で対策致します

・スタッフはマスクを着用し、接客にあたります。また、ワンちゃんをお預かりする前には、衣服の消毒を致します。

・お客様の出入りがある度に換気を致します。また、施術中も、ワンちゃんの体調を考慮しながら適宜換気を致します。

・カウンター、ドアの取手、床、トリミング道具、送迎車内等の消毒は、ワンちゃんのお返し後はペット用アルコール製剤で、一日の終わりには次亜塩素酸による消毒を行います。消毒薬によっては使えないものもありますので、適材適所で使用します。

・ワンちゃんが使うタオル等は、一頭ごとに交換し、次亜塩素酸による消毒後洗濯を致します。

 

以上、通常よりもさらに対策を強化して、適宜対応して参ります。

 

 

 

現段階でお伝えできることは以上になりますが、海外での人から動物への感染報告に対する日本獣医師会および東京都獣医師会の見解が4月1日の産経新聞に掲載されていましたので、併せてお知らせ致します。

 

https://www.sankei.com/smp/<wbr />life/news/200401/<wbr />lif2004010012-s1.html

 

 

アメリカでは、飼い主様がコロナウィルスに罹患し治療が必要となり、ペットの飼育が困難になる、というケースが多発しています(それに対するペット関連事業者への対応マニュアルがあるのですが、こちらにリンクを貼ってもいいか確認中です)。

それも踏まえて、状況をみつつ、営業形態や休業についても判断して参ります。

 

 

当記事につきまして、掲載が深夜になってしまったこと、大変申し訳ございません。

できるだけ早くこちらでのお知らせ、また店舗の見えるところへも開示できるよう努力致します。

 

 

営業継続、またご来店のお願いをしている身でお伝えするのも正否はわかりませんが、皆様もどうかご自身のため、大切なご家族の為、愛するペットたちの為、ご自愛くださいませ。

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« コロナウィルス感染拡大防止... | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。