山岳ガイド赤沼千史のブログ

山は旅だ。歩いたら歩いた分だけ新しい世界が見えるよ。少しの勇気を持って
自由自在に歩こう。

使えるゴム手袋「テムレス」

2014年03月27日 | 登山道具考

 

 登山道具考と言うカテゴリーを開きながら、まともな登山用具についてあまり語る事はないのだが、今回もそんなサブカルチャー的登山道具をご御紹介。

 先日行ったBSTBSのロケの仕事で同行してもらった加島ガイドに勧められ、この間の白馬岳雪洞ツアーで使用してみたこのゴム手袋「テムレス」という。その名の示すとおり、「手蒸れがレス」なゴム手袋。ホームセンターに売っているなんの変哲もないゴム手袋である。

 ただ、こいつは凄い。ゴム手袋のくせに、3時間に及ぶ雪洞堀でもその中は殆ど蒸れることなく世紀の大工事をやり遂げた。この手の手袋は今回のような雪洞堀りや、冬の水造り等の時に必要なので必ず持って行く。だが、どうしてもその中は湿気で蒸れて、終いにはものすごく冷たくなってしまうものだが、こいつはへっちゃらなのだ。雪洞堀りと言えば、相当な体力を使うし、手の発汗量もハンパないと思うのだが、何となくしっとりしてるかなあ?程度ですんでしまった。

 これからやってくる湿った雪や冷たい雨の季節、これがあれば心強い味方になる。おそらく夏だって手を濡らさずに行動できるのではないか?これは画期的なのではないかと思うのだ。ほんとすごいから是非使って見て頂きたい。ホームセンターの作業用衣料品コーナーで500円ぐらい。ゴム手袋としたら破格に高いのだが、価値あります。

PS:これを出してるメーカーはもったいないなあと思うのだ。少し格好いいデザインにして山用品とか、スポーツ関係で売れば5倍ぐらいの値段で売れると思うのだが。でもこんなのが日本の職人魂の産物だとも思う。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 青い夜明け 雲上の世界3月... | トップ | 大阪毎日ツアー赤岳と硫黄岳 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「天下無敵の吸ちゃん(きゅうちゃん)」 (三日月)
2014-03-29 22:31:23
わたしからは滑り止めが施されている手袋を紹介します。

作業用手袋で
「天下無敵の吸ちゃん(きゅうちゃん)」価格は200円ほどです。

無雪期にストックを使用していて短く持ちかえると、シャフトを直接つかむことになります。このとき通常の手袋ですと滑りますがこの「吸ちゃん」にはモザイク状に塩化ビニールが塗布されていて滑りません。

色は黒、赤、青とあり、わたしは青を所持しています。薄くて、軽く、かさばらず10月下旬になるとズボンの両ポケットに沈めています。わたしは無雪期には殆ど手袋を使用しないようにしていますが、さすがに10月下旬からの稜線の強風にはときには我慢できず、「吸ちゃん」をポケットから引っ張り出します。勿論、夏季に使用しても蒸れることはなさそうです。

室外での作業は登山よりご苦労の多い仕事です。そのため吸湿、速乾、あるいは防寒、防水の対応が良く考えられています。「吸ちゃん」も登山用品店で売り出したら800円の値は付けるでしょう。山やさんも時間がとれるときは「ホームセンター」を訪れてみてください。日用品ではなく「建築資材」のコーナーですぞ。

以前、厳冬期用の手袋のインナーにホームセンターで100円で購入したフリース製の手袋を長年快適に使用していました。

オーバー手袋を購入するとき「防滴」と「防水」に注意しましよう。厳冬期の使用では「防滴」は0Kですが3月下旬になったら「防水」でないと中が濡れてきます。手袋に付着した雪が溶け、水となって浸透してきます。すなわち「防滴」は「しずく」ははじくが水は入るということです。
発想の転換 (あかぬま)
2014-04-02 08:33:17
ものは考えようですね、ホームセンターなんかにも、登山に使えそうなものが結構あるのです。有名ブランドに身を包むことも、一つの喜びかも知れませんが、僕は間違いなくその機能とコスパで装備を選びます。それを使えば快適で合理的であれば、例えそれがダサかろうが、間違いなくそちらを選びます。有名ブランドの中には結構使えないものが有ったりもしますしね。

「きゅうちゃん」使って見ます。

コメントを投稿

関連するみんなの記事