ちいちゃんのひとりごと

ちいちゃんのひとりごとを勝手気ままに書いています。

拝んで祈って治るなら2

2019年04月18日 | 日記
2019.4.18
拝んで祈って治るなら私の病気も主人の病気も母の病気も治っていると思う。
拝んで祈って治るなら大学の医学部は要らないし、薬学部も要らないと思う。
しかし人々は苦しい時に神頼みをするのだ。
普段信仰心がなくても神にすがり、果ては新興宗教に救いを求めるのだ。
患者は医者を選べるが医者は患者を選べない。
私がもしも癌にでもなればおそらく最新の医療と治療を望むと思う。
お百度参りをしたって何かの新興宗教に救いを求めても治らないと思う。
それらは一時の気やすめにすぎないのだ。
私は病気になって何かに救いを求めたことは無いに等しい。
それよりも信頼できる病院の信頼できる先生にすべてをお任せすることの方が賢明な選択だと思う。
時にはセカンドオピニオンも必要なのだ。
さあて大型連休の過ごし方を模索している。
いやあ、どこに行っても交通費は高い。
ましてや混んでいるのだ。
さあ、どうしましょうか?
これから考えます。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 拝んで治るなら!祈って治るなら! | トップ | 遠い存在 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事