ちいちゃんのひとりごと

ちいちゃんのひとりごとを勝手気ままに書いています。

辛いです!

2019年05月15日 | 日記
2019.5,15
テレビから都はるみの歌を他の歌手がカバーしたのを聴き、都はるみは今頃どこでどうしているのかと?
いろんなことが心の中で交差してちょっと涙した。
昼間の高齢者大学のクラスの人が普通に接してくれたことが嬉しかった。
他人の心の温かさを感じた。
私が相手に物で釣っている節も無きにしも非ずだが、他人の優しさは嬉しいと思う。
結婚したことはあながち良かったと思う。
この結婚を逃したら嫁に行けないと思ったので結婚した。
そこには素直な自分がいた。
次なる手立てを考えなければと思えども、このところの耳鳴りのひどさに思いつかないでいる。
私のkindleの本は一時期義理も含めて11名近くに売れた。
金儲けに疎いのでなかなかkindleの私の本を読んでどこかの出版社から紙の媒体にという話は来ない。
さりとて自費出版をする気はない。
近所の知り合いが昔ご主人が自費出版をしたと言う本を2冊もらったが、自費出版をしたらしたで、多くの本を自分で抱えることになるのだ。
自分の本を大量に抱えて読まない友人にまで配る気持ちはないのだ。
その証拠に必ず「興味があったら!」と説明している。
私自身が義理という言葉が好きではない。
1冊kindleで本を出したらかなりの達成感はあった。
次なる題材も思いつかずにいる。
そもそも綿密に調べてと、言うのが苦手です。
適当でいい加減なさももっともらしい話なら書けるのです。
この記事についてブログを書く
« 思い。 | トップ | 一応主婦なので! »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事