ちいちゃんのひとりごと

ちいちゃんのひとりごとを勝手気ままに書いています。

自分の病気ときちんと向き合う

2019年07月18日 | 日記
自分の病気ときちんと向き合う!
そう決めた!
土曜日に心療内科に診察に行ったら先生に話してみます。
ハッキリと自分の病気がわかってきたので!
今まで勘違いをしてきました。
幻聴も幻覚も無かったのです。
しかし、このところやたらと頑張る自分がいたのです。
寝ないで頑張る自分が!10年以上勘違いをしていました。
でもはっきりしたらそれなりの対処法はあると思います。
もらっている薬が合わないのか夜の薬を飲んだらふらふらになって眠気をもよおし、自宅の階段で転びそうになったので、勝手な判断で夜の薬をやめてしまいました。
自分の病気ときちんと向き合う!
昨夜は5時間ほど寝ました。
このとろこずーっとハイでした。
多くの皆さんに迷惑をかけていましたね。
偉そうなことばかり言っていましたね。
何でも出来ると思い込み、大きなことを言っていたかも知れません。
そう言えば駅前のみずほ銀行の宝くじ売り場の宝くじのためにPRをしていた人に話しかけました。
本来は人見知りなのに!
あれは病気からだったんだすね。
母が認知症になってから私の病気も良くなってはいなかったんですね。
昨夜も高齢者大学の方にご迷惑を!
偉そうなことしてました。
知りもしないのに!
自分の病気からそうさせるんです。
心療内科の先生に相談し、これからのことも決めたいと思います。
病人が病人を看る時代です。
普通を装っても私が病人であることには代わりは無いのです。
私は自分の病気すっかり寛解だと間互いしていましたね。
自分の病気と前向きに!
ただ、皆さんに病気のことは理解してもらいたい。
私のような病気の人は他にもいると思います。
でも、この病気になったのはやはり母との同居が引き金かと思います。
これじゃあ友達無くすよな!
きちんとしっかり病気と向き合う。
きちんとしっかり最低5時間は寝る。
この記事についてブログを書く
« 終わりのない介護 | トップ | 人は宙を飛ぶ »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事