ちいちゃんのひとりごと

ちいちゃんのひとりごとを勝手きままに!時々素人作詞家もやっています!シャンソンと浪曲大好き!4月から地元の高齢者大学に!

圧力鍋!

2018年10月17日 | 日記
昨夜圧力鍋の蓋が開かなくなった。
金づちで圧力鍋の蓋を叩いたりしてみて無理やり開けた。
しかし、この圧力鍋で調理して、出来上がったら再び蓋が開かないと困るので、新しい圧力鍋が買いたいと思った。
今朝になって燃えないゴミの日だったので圧力鍋を捨てた。
新しい圧力鍋を買うと母に言ったら要らないと!
使うのは私、お金を出すのも私なのに!
昨日のビーフシチューの硬い肉は硬いまま食べるのか?
それとも3日ぐらい煮込むのか?
手頃な圧力鍋が欲しいと言う。
そんなものは要らないと母は言う。
私は圧力鍋が欲しいのだ!
一々母にお伺いをたてなければ買えないのか?
ビーフシチューなど食べなくてもいいと言いかねない。
朝から母の病院の付き添いに!帰りに圧力鍋が買いたいので自転車を押して行くと言うと、圧力鍋が要らないと言う母ともめる。
しまいに 圧力鍋はどこで買うのか?と!
スーパーやホームセンターで買いたいと思う。
圧力鍋をヨーカドーで買う!
と、言ったらとうとう好きにしろ!状態に!
昔はそんなもの無かったよ!
と、言われかねない。
圧力鍋は昔からこの世に存在していたのだ!
母が知らないだけなのだ!
何としても圧力鍋が欲しいと思う!
無理やりにも買ってしまおうかと思う!
母はビーフシチュー食べなくても生きて行けると思っている。
そのくせカチカチのお肉は食べないのだ!
口のなかで噛まなくてもほぐれる肉の旨さはどうでもいいらしい!
無理して買わなくてもいいと言う。
料理を作るのは私なのだ!
圧力鍋を使うのは私なのだ!
一々圧力鍋一つ買うのにお伺いをたてること事態がそもそもおかしいのだ。
母いわく圧力鍋で作る料理はやめろと言いかねない。
そもそも3日3晩牛肉を煮ることさえも許されないのだ。
で、圧力鍋買いました!
ヨーカドーは高かったので他の店で買いました。
予算の都合で小さい圧力鍋を!
ビーフシチュー作りました。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 一長一短? | トップ | 疲労感満載! »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事