ちいちゃんのひとりごと

ちいちゃんのひとりごとを勝手気ままに書いています。

書くことの自由を奪われたら?

2019年05月26日 | 日記
私のすべてのSNSで書くことの自由を奪われたら、すべてのSNSをやめてしまうかも知れません。
私にとってSNSは私のあらゆることを発信するところです。
時には同居の母のことも書きます。
時として母の悪口のようなことも書きますが、生んでくれたことは感謝しています。
ただ、育て方が間違っただけなのです。
いまだに私はある意味母の管理下にいます。
先頃母に聞かれたのは年金の話です。
私が年金をいくらもらっているのか?
年金の使い道の話です。
果ては旦那の年金の話も!
なぜ母は我が家の年金を気にするのでしょう?
常々私のお金の使い道には文句を言います。
お使いに行ったら行ったで、買ってきたものに文句を言います。
自分の嫌いな食材に文句を言い、作った料理に文句を言います。
食べたことの無い食材に文句を言い、食べたことの無い料理に文句を言います。
買ってきた服に文句を言います。
そもそもいちいち私が買ってきたものを母に見せるのは如何なものかと!
作った料理が入れ歯の母には硬いようです。
炊いたご飯も硬いようです。
主人がお弁当を持って仕事に行くので、柔らかいご飯は無理ですね。
このところご飯は普通に炊いて、お弁当に詰めたら、さりげなく炊飯器のご飯にお湯を少しかけてほぐして柔らかなご飯に!
母いわく「お前も入れ歯になったらわかるから!」です。
私は自由に自分の言葉を発信出来なくなったらすべてのSNSはやめてしまうかも知れません?
この記事についてブログを書く
« 自宅にうっかりスマホを忘れて! | トップ | 毎回文句を言う! »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事