千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

先みえぬ

2012年05月25日 | 詠む

先みえぬ昏いばかりの現実に 抗して歩む一歩なるらん

豆腐屋の四季」 松下竜一 講談社文庫

20年ぶりに再読。非力だが反骨の青年、あらためて感銘うける。

泥のごとできそこないし豆腐投げ怒れる夜のまだ明けざらん」だけ、かすかに覚えていた。

健忘症、千恵子@健康法だわ。

あ、そうそう。これが、昨日の告発状ね。八木啓代ねえさんが報告を書いてるわ。

Comment   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« まやかしの | TOP | 「知らずにふりかかるジェン... »
最新の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。