千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

触る絵が闇に浮かぶよ絵本なり「くろは おうさま」サウザンブックス

2020年08月28日 | 詠む

「くろは おうさま」    メネナ・コティン   ロサナ・ファリア   サウザンブックス社

目の見えないメキシコの少年、トマスが感じている「色」の世界。

真っ黒な紙、銀色の字、でこぼこりんの触る絵、点字の言葉たち。

「きいろは からし。ぴりりと からいけど、ヒヨコの はねみたいに ふわふわ。」

いろんな、いろ。なんて美しいんだろう。

「くろは おうさま」なのは最後に分かる、お楽しみ。

こんな絵本を恋人から贈られたら嬉しいだろうなあ。

Comment   この記事についてブログを書く
« 「ひつじや」のランチカレー... | TOP | 戦争のPTSD暴力へ 「野... »
最新の画像もっと見る

post a comment