千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

「相模原裁判傍聴記」録なり更に面会...雨宮処凛

2020年10月15日 | 詠む

相模原事件・裁判傍聴記 「役に立ちたい」と「障害者ヘイト」のあいだ 雨宮処凛  太田出版

あんたの好きな偉い政治家だからって、地面に2時間も土下座で手紙強要の怪?

弱者は殺してしまえと宣うわりに、自身は生活保護を利用する矛盾??

殺戮のまえ。ムエタイ訓練、整形美容。当日は金髪のトランプ大統領ファッション???

真摯な雨宮処凛ルポなのだが矛盾きわまるばかり。月末の展覧会には行くけどさ。

218頁にスーパー猛毒ちんどん、言及されてて嬉しい。

----- 目次 緑字は千恵子メモ ------

1月8日・第1回公判―思ったよりも妄想がひどい?

1月10日・第2回公判―夜勤職員の調書

1月15日・第3回公判―遺族の供述調書読み上げ

1月16日・第4回公判―遺族の供述調書読み上げ・続き

1月17日・第5回公判―証人尋問に元カノ登場

1月20日・第6回公判―植松被告、30歳の誕生日「戦争をなくすため、障害者を殺す」 世界平和のため殺すとか、さ

1月21日・第7回公判―後輩女性の供述調書読み上げ

1月24日・第8回公判―初めての被告人質問で語った「幸せになるための七つの秩序」気が遠くなりそう

1月27日・第9回公判―やまゆり園で虐待はあったのか?「2、3年やればわかるよ」 それ、いえてるのかも

1月30日・植松被告と面会。―「雨宮さんに聞きたいんですけど、処女じゃないですよね?」 初対面で聞くか?

2月5日・第10回公判―遺族、被害者家族からの被告人質問

2月6日・第11回公判―これまでのストーリーが覆る。「障害者はいらない」という作文 小学生のときに書いたの発覚

2月7日・第12回公判―精神鑑定をした大沢医師が出廷

2月10日・第13回公判―精神鑑定をした工藤医師が出廷

2月12日・第14回公判―「大事な一人息子に私は死刑をお願いしました」

2月17日・第15回公判―美帆さんの母親の意見陳述

2月19日・第16回公判―結審の日  裁判員、2人辞めたんだよねえ

3月16日・判決言い渡し―「被告人を、死刑に処する」 全ての人が死刑を求めてるかのような、この国に絶望気分じゃ

対談・渡辺一史×雨宮処凛

 

Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わ「わたしは金正男を殺して... | TOP | 残留兵...中国内戦たたか... »
最新の画像もっと見る

post a comment