千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

ぷちぷちが面倒くさいよセパレーツ 水着いまごろ一九世紀と

2017年09月17日 | 詠む

三十年来の水泳用に、毎日、鞄に入れてるワンピース、それも極薄い生地の競泳用

安売り運動用具店で、千円二千円で買っていたのだが、なんと五千円とかしかないぞ。

しょーがないから値段で選んで、セパレーツ型。それでも、四千円。

生地は厚いし、肌の覆い方が厳重だ。背中を覆い、胸元ジッパーでぴっちり。パンツは腿まで。

上部分がめくれないように、脇左右に二つずつのスナップ。ぶちぷち、4っつもしなくちゃ。

めんどくせー。なんで十九世紀に戻るんだよ。

それに、前より五倍は重い。かさばる荷物、いやなんだけど。

(水着姿は自称・特定秘密だから、ゴーグル)

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「三度目の殺人」それは国に... | TOP | 四箇月やっと告発受理された... »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。