千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

強姦魔

2012年11月16日 | 詠む

強姦魔こんなふうかあ堪らない じわじわ沁みる「緑の毒」は

緑の毒」 桐野夏生 角川書店

強姦する側、される側の心理を抉った短編のつながり。

雑誌『野性時代』に、2003年から断続的に連載

  • 夜のサーフィン (2003年12月号、「完全主義者」改題)
  • 象のように死ね (2004年12月号)
  • 受け返し (2006年5月号)
  • お前じゃないが仕方ない (2009年10月号、「おまえじゃないがしかたがない」改題)
  • 淋しい奴は前に跳ぶ (2009年6月号)
  • 気炎女 (2009年12月号)
  • 弥生先生のお見立て (2010年2月号)
  • 傲慢と偏見 (2010年4月号、「お前には向かない職業」改題)
  • 月よりの死者 (2010年8月号)
  • ピーフラ会のゆうべ1 (2010年10月号)
  • ピーターフラットで起きたこと (2011年1月号、「ピーフラ会のゆうべ2」改題)
  • 妻の責任 (2011年3月号)
  • 地獄で会うホトケ (2011年4月号)
  • 川辺康之、破滅す (2011年5月号、「阿部康之、破滅す」改題)
Comment   この記事についてブログを書く
« 反逆の | TOP | 「弁護士、闘う―宇都宮健児の... »
最新の画像もっと見る

post a comment