千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

「なぜ、いまヘイト・スピーチなのか」 出版記念トーク集会 7日(土)

2013年12月02日 | 企画

てへ。

短歌ブログを標榜しているのだが...さすがに無理無理57577に挫けた。

30円の集会?

なぜ、いまヘイト・スピーチなのか ―差別、暴力、脅迫、迫害―」 前田朗・編 三一書房

われらが救援連絡センター・運営委員仲間の前田朗・東京造形大学教授が編んだ本。

出版記念トーク集会、行くもんね

定価1,470円の本が1冊ついたら、集会費は30円か?

-------------------------------------------------------------- 以下、転載

 ◆記念講演: 「ヘイト・スピーチをのりこえる」 辛淑玉(のりこえねっと共同代
 表)

 ◆連続トーク:「いま、何が求められているか」


 執筆者より:前田朗(東京造形大学教授)、師岡康子(大阪経済法科大学アジ
ア太平洋研究センター客員研究員)、ほか数名予定。

 ◎日時:
  12 月7日(土)午後2時15分~5時(開場2時5分)
 ◎会場:
  ハロー貸会議室永田町
  東京都千代田区平河町2-16-9 平河町KDビル3階
   ※東京メトロ半蔵門線、有楽町線、南北線、永田町駅4番出口徒歩2分
 ◎参加費:
  1,500 円(『なぜ、いまヘイト・スピーチなのか』1冊付き)

 ◇主催:『なぜ、いまヘイト・スピーチなのか』出版記念トーク集会実行委員会
   E-mail:maeda@zokei.ac.jp
   当日電話:070-6976-3100(三一書房気付)

-------------- ◎ もくじ ◎ --------------------------


はしがき 前田朗

Ⅰ なぜいまヘイト・スピーチなのか

  • ヘイト・スピーチを理解するために 前田朗
  • コラム① 在特会を追いかけて 安田浩一

Ⅱ 憎悪犯罪の被害と対応

  • 京都朝鮮学校襲撃事件 冨増四季
  • 「高校無償化」制度からの排除―朝鮮学校に対する差別政策 金東鶴
  • 水平社博物館差別街宣事件 古川雅朗
  • フジテレビデモからロート製薬攻撃へ 岡本雅享
  • アイヌ民族に対する差別 阿部ユポ
  • 沖縄における憎悪犯罪 西岡信之
  • 被害者が受ける苦痛と被害 中村一成
  • コラム② 「レイシズム」を語ることの意味 鵜飼哲
  • コラム③ 被害者の魂を傷つける暴言は人権侵害 坪川宏子

Ⅲ ヘイト・スピーチ規制の法と政策

  • 日本におけるヘイト・スピーチ対策の現状 金尚均
  • ヘイト・スピーチ処罰は世界の常識 前田朗
  • 人種差別を克服するための国際人権基準に合致する法制度の検討 師岡康子

あとがき  前田朗

Comment   この記事についてブログを書く
« 原因が判らぬ痛み斬り込みて... | TOP | 独房の彼と一緒に食事する ... »
最新の画像もっと見る

post a comment