千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

「ヴァイマル憲法とヒトラー 戦後民主主義からファシズムへ」 池田浩士 岩波書店

2015年08月21日 | 

「ヴァイマル憲法とヒトラー 戦後民主主義からファシズムへ」 池田浩士 岩波書店

著者の4回連続講座の、予習用というか復習用。

どこに光があるのかしらという気にもなるが、ネズミの喩に微妙な光明。

要請があったので、ヴェイツゼッカーについて稿を改めて書く予定なり。

 ----------- 目次 緑字は千恵子メモ --------------------

1 もう一つの戦後民主主義とドイツのファシズム

 戦争とファシズムの世紀

   1993年1月30日―ヒトラー内閣の誕生

   ナチスは合法的に国家権力を掌握した

   革命運動としてのナチズム

2 ドイツの敗戦、もっとも民主的な憲法

 民族・国家・国民

   ドイツ革命からヴァイマル共和国へ

   ヴァイマル憲法と最初の戦後民主主義

   匕首伝説の説得力

3 戦争する国をボランティアが担う

 ファシズムとは何か?

   国民はなぜナチズムを支持したのか?

   自発性と社会参加―善意とやる気の組織化

   「労働奉仕」の法制化と義務化

4 死と政治

 ヴァルハラという靖国神社

   ヒトラー政権はまず最初に誰を抹殺したか?

   国家儀礼から戦争国家へ―ファシズム政治の大道

   ボランティア労働からホロコーストまで

5 遙かな国の遠い昔ではなく

 ふたたびファシズムとは何か?

   ナチス・ドイツと歴史認識 ヴァイツゼッカーの欺罔 232 「朗読者」 237

   二つの憲法、二つの戦後民主主義 ハンナ・アーレント 239

   「戦争のできる国」から「戦争する国」へ  ヒトラーでさえそんなことはしなかった! 255

Comment   この記事についてブログを書く
« 「遊廓のストライキ」あり2... | TOP | ひきこまれ頁めくるよミステ... »
最新の画像もっと見る

post a comment