千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

およよよよ歯周ポケット針さして 口じゅう真っ赤さらに血腫も

2014年03月09日 | 詠む

六本木のシンクタンウ務めの頃は毎年、歯石を取りに行っていた。

それから忙しかったり金がなかったりで、十数年も歯医者とは無縁だった。

自覚症状ないけど念のため歯医者に行くことにした。自転車ぴゅ~ん。

革新無所属そえのふみこ市議に教えて貰った、お薦め「れいわ医院」。入口にピカソの鳩の絵。待合室には「㈱貧困大国アメリカ」岩波新書赤版が置いてある。ひぇ~。

なにやら歯周ポケットに目盛付き針を刺して測るのだが、痛い。こいつサディストかと思ったが、どうもわたしの体が異常らしい。およよ。

歯茎が4ミリ以上開いてるのが、たくさん。5ミリのもあるって...そんな歯周病が悪化してたんだ。嗚呼、しらなんだ。

うがいをしたら、お水が真っ赤。

2回目に漱いでも、まだ赤い。かなり動揺。

さらには奥歯が欠けているっっ。

そのうえ血腫まで発見されてしまった。

うー、わー、どうしよう。

とはいえ長年あまいもの避けてきたし、いちおう歯ブラシ使ってるし...57歳同年齢より「マシ」だろう。

(そんなん威張ってどうする)

(去年、お口の筋肉の劣化を感じて...心して見た絵)

(血だらけの画像なんて...想像しただけで怖いもんね)

 

Comment   この記事についてブログを書く
« 311あれから三年たつんだ... | TOP | 「福島の嘘」ドキュメントZDF... »
最新の画像もっと見る

post a comment