瞠目す世界の在り様に

したたかなる生き様に瞠目する。夢を見続けるその意気で、世界をアップデートせよ。

先へ 落とす

2020年08月30日 22時09分23秒 | 今日、書いた詩
いつの間にか駆け出していた僕らの世界 
抽象の湖面に刻んだ遥かな願い
思いは波紋のように世界に広がり
今日私は私になります
そうして私になることの繰り返し

タンゴを踊ってすかさず単語を覚え
田んぼを超える

ああ自由の夕暮れが僕を切り取る 素敵なイメージ あのグレーが僕のなかに透き通る

ラッキーカラーを覚えないまま まぶたを閉じて 宇宙の彼方にイメージする

夢は雪山の凍土のように 心の地中にいつまでも埋めるように

地平の彼方のその先へ 落とす夕日
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 紅茶と砂糖 | トップ | かくて世界は油にまみれる »

コメントを投稿