瞠目雨水

世界を概観した上で観察し発見に驚く(=瞠目する)。そして瞠目するに相応しい対象ばかりで溢れているというこの現実世界に生き

言葉とは何か

2018年05月15日 03時09分11秒 | メモ
私は、言葉の何たるかを突き止めた。言葉とは屈折だ。あるいは、言葉とは現象の撓みだ。つまり、現実世界を一枚の布とすると、それをたわませたりしたときにできる凹凸などが言葉になるのである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 行動の必然 | トップ | 涙の歴史 »

コメントを投稿