瞠目雨水

世界を発見し、見つめ、目を見開く(=瞠目する)。そして最も瞠目するに相応しい対象とは自分自身であるという瞠目すべき事実。

何を、何を……携え、濡れ、綻んで

2016年10月19日 01時28分46秒 | 詩編
 風、吹かれ
 サビ、流れ
 
 ロックというジャンルを
 更新して

 何、思う
 何、見つめて
 ステップ踏んで、水溜り越える?

 軽々と時をまたいで
 カラフルな服に身を包んで
 今日も、どうして風と戯れる?

 群れる人々を
 かき分けて、
 愛に根差した
 君の孤独は
 何のあをと溶けるだろう?

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青く吹く風は忘れる、今宵の... | トップ | 午後いっぱいの無明 »

コメントを投稿