就活

ぽつりぽつりと就活しています。
いろいろ受けてるんですけど、先日二次面接の案内が来ました。
「火曜日に来てね」とメールにあったんですが、あいにくその日は他のところの二次面接。
なんて言おうかなあ、面接官は多忙だろうしなあ、と思いつつ、
「あいにくその日は予定があるので別の日にしてください」と、メールしました。
だってさ、「他のところとの二次面接で」なんていったら、感じ悪いと思って。

それをルームメイトに言ったら
「なんで、他のところの二次面接だって言わなかったの???」と。
えええ?言っていいの?
「他のところからも引きが来てるって事を示すために、積極的に言わなきゃ。」
そうなの?だって第一志望じゃありませんって言ってるようなもんじゃない?
「いやいや、そんなことはアメリカ人は気にしないよ。むしろ優秀さの証明だから、好感度はアップだよ。」

私が学生時代、就活してた頃は、面接の日程変更は不可だし、「他の企業の面接です」っていったら「うちが第一志望じゃないんですね」って言われて落とされたけど・・・。(まあ、超氷河期だったけどさ)

従業員の競争力を重んじるアメリカ。
従業員の忠誠心を重んじる日本。

こんなところで違いが出るんですねー。
私はアメリカ方式のほうが好きだけど。

コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )

大当たり

今朝、郵便受けを覗き込んだら、NY州裁判所からお手紙が・・・。
"Open Immediately"って書いてある。

「なななな、なんじゃこりゃ???
ヴィザが切れて不法滞在とか???
カードの支払いで手違いがあって督促状とか???」
とおびえてみました。
(おびえて、ハサミもないのにその場でばりばり封筒を開けてしまうくらい。)

そしたら。

陪審員へのお誘いでした・・・!

なんだかランダムに選ばれちゃったらしい。

もちろんアメリカ国籍がないことを証明すれば、出廷の義務はないです。

ちょっとやってみたいなあ、陪審。
まあ、学校で忙しいのでとても無理。

しかし、アメリカ国籍があることを確認してから送ればいいのに・・・。
大した作業じゃないと思うんだけど。


あ、あともうひとつ当たり(?)。
年末にふらふら散歩してたら、長井秀和に会いました。
(嬉々として一緒に写真とってもらいました。)
それはいいとして。
おととい、日本食料品店で買い物してたら、また長井秀和に会いました。
二回目なのでなんとなくテンションもあがらず、
「あ、髪切ったんだ」というタモリ的な感想を抱いただけでした。
マンハッタンってせまいなあ。

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )