七人の小人の声明文

ちょっと時間が経ってしまいましたが、面白いものを見つけたので載せます。
(他で見たことがある人は読み飛ばしてね。)

冥王星が「惑星」(planet)から外されて「小型惑星」(dwarf planet)に格下げになったことについてのディズニーのプレスリリースです。

(訳文は私が付けたので、間違っていたらごめんなさい。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
24 August 2006

Despite Planetary Downgrade, Pluto Is Still Disneys Dog Star

惑星としては降格されたが、プルート(冥王星)はいまだディズニーの「Dog Star(=シリウス)」

BURBANK, CALIF (Thursday, August 24, 2006) In reaction to news today that Pluto was demoted to the status of dwarf planet, the Seven Dwarfs issued their own short statement:

[バーバンク、カリフォルニア、2006年8月24日木曜日] 冥王星(プルート)が「小型(dwarf)惑星」に降格された本日のニュースに対して、七人の小人(dwarf)が短い声明文を出した。

Although we think it's DOPEY that Pluto has been downgraded to a dwarf planet, which has made some people GRUMPY and others just SLEEPY, we are not BASHFUL in saying we would be HAPPY if Disney's Pluto would join us as an 8th dwarf.  We think this is just what the DOC ordered and is nothing to SNEEZE at.

プルートが小型惑星に降格されたことは『ばかな』ことだと我々は考えるが、―この降格は人々を『不機嫌』にしたり『眠たく』させたりしている―、我々はプルートをが8番目の小人として我々の仲間に入るのであれば『幸せ』に思うと『恥ずかし』がらずに言いたいと思う。降格は『学者』の取り決めに過ぎず、『くしゃみ』をして見過ごすことはできない。」

As Mickey Mouses faithful companion, Pluto made his debut in 1930 the same year that scientists discovered what they believed was a ninth planet.

ミッキーマウスの誠実な友人として、プルートは1930年にデビューした。これは、科学者が「9番目の惑星」と当時考えていた星が発見された年である。

Said a white-gloved, yellow-shoed source close to Disneys top dog, I think the whole thing is goofy. Pluto has never been interested in astronomy before, other than maybe an occasional howl at the moon.

ディズニーのNo.1の犬の側近の、白い手袋と黄色い靴を身に着けた関係筋の話では、「すべては馬鹿馬鹿しいgoofy=グーフィーことだと思うねプルートは、時折月に向かって吼える以外は、天文学に興味を持ったことはないよ。」ということである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典はこちら


ちょっと、さすがディズニーじゃありませんか?

こういうぴりりと機転の効いたジョークは大好きです。


【ディズニーに詳しくない方にちょっと解説】
プルートは、ミッキーの飼い犬です。あの黄色っぽい、垂れ耳の犬です。
プルートは英語で「冥王星」の意味です。
「小型惑星」は英語でdwarf planetですが、dwarfはそもそも「小人」という意味です。
惑星から外されて小型惑星=小人になってしまった冥王星=プルートを、こちらもディズニーキャラの七人の小人が歓迎する、という声明文です。
そして声明文で大文字になっている単語は、七人の小人の名前です。

ちなみに、グーフィーは、ミッキーの友人の黒い犬です。

ディズニーのキャラのリンクはこちら

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

頭がout of order

金曜の深夜の職場での会話。

「財務部長は△△銀行とずーっと会議中ですよ」と言われたので

「あ~、△△銀行の○○さんとがっつりよぷですか~。」

と言ってしまいました。



疲れてんな・・・。
 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

地球の裏側から

ダラスでできた友人たちとよくメッセンジャーでチャットします。

みんながオンラインする状況で時差を実感できて面白いです。

大体会社に行ってログインすると、ラテンアメリカの人々がぱらぱらとオンラインで残っています。
でもすぐ消えます。
お昼くらいになるとネパールの子がログイン。
夕方くらいになるとルーマニアやイタリアやイギリスの子がログイン。
深夜になるとメキシコ人やアルゼンチン人がわらわらとオンラインになります。

真後ろに経理部長と法務部長がいる席なので、あまり仕事中はチャットできませんが・・・。
(チャットは主に家にいるとき。)

コーヒーを飲みすぎて深夜に眠れなくなったときでも、
メッセンジャーを開けば必ず誰かがログインしています。
イタリア人の子に
「あっらーねむれないのー?かわいそうにー。地球の裏側から心配してあげるわー」
なんて同情してもらったりしています。

ITってすごいな・・・・といまさらながらに感動したり。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

石橋を

なにかで目にした言葉。
「叩かなかったら割れなかった石橋もあるだろう?」

妙に納得・・・。

法務なんてやってるとリスクを回避することばかり考えてしまうけど、
リスクは完璧に回避することはできないし、未来はどうしたって読めないし、
たまには目をつぶって、えいやと飛び込むほうが重要かもしれませんね。

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )